FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

呉夏枝(オ・ハジ)さん@雑貨とコーヒー「たけうち」

呉夏枝(オ・ハジ)さん@雑貨とコーヒー「たけうち」

gp1-2.jpg

染織、刺繍、編む、結ぶなどの技法をつかって美術作品を制作している呉夏枝(オ・ハジ)さんは1976年大阪府生まれ、オーストラリアのシドニー在住。

go2_20181004005202f45.jpg

金沢21世紀美術館が企画した、東アジア文化都市2018金沢「変容する家」展
(9月15日~11月4日)には日中韓の美術家22組が出品している。


出品作家の一人、呉夏枝(オ・ハジ)さんが水戸に立ち寄られ、お話しする機会を得た。

go1-1_20181004005200151.jpg

呉夏枝(オ・ハジ)さんは
1976年大阪府生まれ、現在はオーストラリアのシドニー在住。
民俗/族衣装を象徴や記号的にとらえるのではなく、第二の皮膚としてとらえ、自ら染め、織り、仕立てるなどして作品を制作。
近年では、織物や、編み物を記憶や時間が織込まれたメタファーとしてとらえ、織りものをほぐすことで織込まれなかったもの、言葉として表れなかったもの--「沈黙の記憶」--を顕在化しようとするインスタレーションや、音声や写真を使った作品なども展開している。


衣服や織りの行為を通して無名の女性たちの、語られなかった歴史や時間を浮き彫りにする視点をもった作品を制作するのは難しい行為だ。

「女は三界に家無し」と言われた時代でも離婚に際し、着物は無条件に女性の所有、と認められたのはその製作過程に於いて大きく関わっていたことによる。
衣服が生活の多くを占めていた時代でもあった。

言葉にすれば堅い話に聞こえるが、人生の大半を糸偏の業界で過ごした私にとって、幕末から明治・大正・昭和を振り返る楽しい時間であった。

約1時間、老人(年の差35歳)の繰り言にお付き合い頂き有り難う御座いました。 
  1. 2018/10/04(木) 00:53:55|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第33回水戸映画祭 @水戸芸術館ACM劇場 | ホーム | 『JACK DANIEL’S EXPERIENCE』@水戸京成百貨店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2912-2f179aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する