FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「縄文―1万年の美の鼓動」展@東京国立博物館

「縄文―1万年の美の鼓動」展@東京国立博物館
2018年7月3日 ~ 9月2日


jo1.jpg

jo1-2.jpg

骨董古美術に入門した頃、「六古窯」と言われる中世の焼き物と縄文時代の土器。土偶・石器などに興味を持って集めた。

岡本太郎の『日本の伝統』を読み“縄文土器は世界に誇れる美である”との考えに共鳴したこと。
小学生の頃、近郊の畑で出土する縄文土器の破片や鏃を拾い集めた体験。
等によるが考古学的な興味から始まった。
その後、中学時代nトロ発掘したシュリーマンの自伝『古代への情熱』にも憧れた。

開発に伴う発掘作業で遺跡の説明会などにも参加し、多様な出土品を見る機会も多くなった。


研究が進んで縄文時代の上限が遡り、1万年続いた縄文時代が、争いもなく文化的にかなり進歩していたことも分かってきた。
吉野ヶ里や三内丸山の遺跡は残念ながらどちらも訪れていない。

東博の「縄文展」(7月3日 ~ 9月2日)を7月24日に拝観し、再度と思いつつ会期は終了してしまったが、図録を参照に感想を述べる。

通常の展覧会で図録は買わないが、今回は見たこともない優品が多く購入することにした。

第1章.
「暮らしの美」暮らしの中で作られた、さまざまな道具の美しさ。

jo4-1.jpg

「縄文ポシェット」
木製の網籠が、中に木の実が入ったまま木炭化した状態でみつかった。

jo5.jpg

jo6.jpg

装身具。
髪を飾る櫛、耳飾りなど。

土製の耳飾り、耳たぶに着ける。今のピアス以上の大きな耳穴に、

jo8.jpg


第2章
「美のうねり」
火焔土器を含め、縄文土器は絶え間ない変化の連続。
自由自在の造形力。

縄文時代は女系社会、だったと言われる。
男は狩や採集に、女が土器を造り、煮炊きをした。
ダイナミックな造形が女性の手によった。

jo9.jpg


深鉢形土器(甲州市出土・中期、高さ83㎝)

jo10.jpg

深鉢形土器(甲州市出土・中期、高さ72㎝)

jo11.jpg

深鉢形土器(渋川市出土・中期、高さ75.5㎝)

jo12.jpg

深鉢形土器(竜ヶ崎市・出土、高さ79㎝)

何れも大きさや造形力など、すべての面で素晴らしい。


jo13.jpg

「描き出す美」
縄文時代の後期~晩期の北・東日本の縄文土器は基面を一度磨りけし、その上に文様を描き出す。
細部まで丁寧にデザインしてある。

jo14-1.jpg


縄文土器の中でも謎の多いのが土偶。

女性像が多いので出産に係る護符か。
或いは出産後の発育を願ったのか。

第3章
「縄文美の最たるもの」
として、火焔土器と土偶を取り上げている。


今回も何点かは展示されているが、國學院大學博物館で平成28年12月10日~平成29年2月5日に開催された信濃川流域で出土する「火焔型土器のデザインと機能」は見事な展覧会だった。


第5章
「祈りの美、祈りの形」ここでも女性の土偶。
安産や豊穣を祈るために用いられたと考えられる。

jo14-3.jpg

「縄文のビーナス」(茅野市出土、高さ27㎝)国宝土偶第1号。

jo14-2.jpg

合掌土偶(八戸市出土、高さ19.8㎝)是川縄文館所蔵
出産している姿のようだ。

八戸市の「是川縄文館」を2017年8月に訪問したが、これほどの質と量が伴った出土品は日本で一番と思った。縄文時代に興味がある方必見の資料館と思う。

jo19.jpg


砲弾型乳房の土偶(那珂市出土)
(ポラロイド撮影の写真を複写、あらかたを推測して頂ければ)
何かの展覧会に出展される可能性あり。
と思っていたが、何十年経っても行方は分からず、再会したい幻の土偶。
  1. 2018/09/29(土) 18:27:07|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『JACK DANIEL’S EXPERIENCE』@水戸京成百貨店 | ホーム | 「鎌倉彫・寸松堂」@鎌倉市由比ガ浜大通り。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2910-6f679a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する