FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

深大寺の釈迦如来倚像@東京都調布市

深大寺の釈迦如来倚像@東京都調布市

jin0-1.jpg

●平成27年7月18日~9月23日に奈良博で開催された「白鳳展」。
全国の「白鳳仏」が参集し白鳳時代の素晴らしさを体感できた。

関東からは深大寺と龍角寺の白鳳仏も出展されたが、どのような場所に在るのかも知りたかった。
龍角寺は2017年5月の「旅ブラ」で訪問したが、深大寺は未だであった。
本年7月24日に深大寺を訪れた。
少しばかり時間が経ってしまったが。思い出しながらの訪問記。

jin2_20180924193416e66.jpg


三鷹駅からバスで深大寺に向かったが、吉祥寺の方が便利だった。

jin1_20180924211120e99.jpg

「深大寺そば」で有名な参道。

jin3_20180924211122132.jpg


山門
元禄8年(1695年)に建てられた深大寺で最も古い建造物。


深大寺には著名な歌人や俳人の碑が沢山在る。


jin4_20180924211124498.jpg



清水 比庵(しみず ひあん、1883年(明治16年) - 1975年(昭和50年)
歌人・書家・画家・政治家と多才な方だった。この方の作品は、川又南岳さん宅で初めて拝見した。

jin5_20180924193421e58.jpg


本堂


jin5-2_2018092419342248e.jpg

本坊・旧庫裡。
茅葺で江戸時代の建物に感じた。

jin7.jpg

釈迦堂。
ここに安置されているが、耐火建築の収蔵庫を兼ねている。


jin7-1.jpg

銅造釈迦如来倚像。
1909年(明治42年)に元三大師堂の壇の下から発見された。
像高(坐高)60.6センチ、全高83.5センチ。


jin8.jpg

童児の様に可憐で、眉から鼻に連なる線は清々しい。
後藤清一さんの仏像なども、白鳳仏の影響を感じる。


jin8-2.jpg

関東地方の白鳳仏として、龍角寺(千葉県印旛郡栄町竜角寺239)の薬師如来の仏頭も共通の要素がある。

2017年5月の「旅ブラ」で龍角寺を訪れた時の堂宇を思い浮かべた。
山田寺式の創建当時の瓦も素晴らしかった。


jin11.jpg

深大寺は湧水の多い国分寺崖線の崖面に抱かれるように立地し、現在でも境内に複数の湧水源をもつ。

崖線の上に深大寺の墓所が在る。


jin13.jpg

安東 次男【1919年(大正8年) - 2002年(平成14年)】の墓。
日本の俳人、詩人、評論家、翻訳家・俳号は流火艸堂。

jin15.jpg

jin14.jpg

古美術蒐集家でもあり『古美術拾遺亦楽』(新潮社、1974年)
骨董に入門当時、この本から影響を受けたので、思い出が多い。
  1. 2018/09/24(月) 20:56:44|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「モネ それからの100年」展@横浜美術館 | ホーム | とうふ会席料理@港区芝公園4-4-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2907-a66ae1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する