FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

MIHO MUSEUM「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8

MIHO MUSEUM「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8

mi1_201809181755243b5.jpg


MIHO MUSEUMは信楽の山中に「桃源郷」をイメージして造られた美術館。
ルーヴル美術館のガラスピラミッドを設計した建築家とて知られるイオ・ミン・ペイ(Ieoh Ming Pei 1917年- )が設計し1997年(平成9年)11月に開館した。
訪ねたいと思っていたが、交通の便が良くなくて叶わなかった。
今回の紀伊半島1周の旅の括りとして、訪ねたいと願った。

台風に追いかけられるような状態になったので、鳥羽を発って伊勢市~松坂市を経由、松坂では「松坂牛」と云う予定を変更し一路、信楽に。

途中かなりの豪雨で運転のFさんも戸惑ったが無事、信楽ICに到達。
ところが山中のゴルフ場の中を走るとか迷走。

なんとか、美術館のレセプション棟に着いた。

自然景観保全に配慮し、建築容積の8割が地下に埋没しているという展示本館までは電気自動車が往復している。
この日は雨でもあったので、トンネルを通って受付の真下まで。

mi2_201809181755254de.jpg

一山全部というより、山3~5個がすべて敷地という感じ。

世界救世教から分立した宗教法人神慈秀明会の会主・小山美秀子の創設による美術館、はるかかなたに神殿が望める。

mi3_20180918175526331.jpg

入り口の近くにギリシャのモザイク。

mi3-1_201809181755283e1.jpg

mi4_201809181755290c7.jpg

mi5_20180918175531d69.jpg

南館の常設はエジプト・西アジア・中国・ペルシャ・西アジア・ギリシャ・ローマ。テーマごとの陳列室にゆったりと配されている。

mi6_20180918175532aea.jpg

北館の企画展は夏季夏休み「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」「古代の人々が使っていた「色」をテーマにした展覧会。
赤で彩られた古代の道具や、コバルトやラピスラズリで青を表現したガラス器など約120点が展示されていた。

mi8_20180918175534c81.jpg


遅めの昼食は松坂牛、の予定が博物館・喫茶室のランチになってしまった。

mi9_2018091817553573a.jpg


入り口正面の階段前で。

mi10_20180918175537f2a.jpg


つり橋を渡り、徒歩でレセプション棟に戻る。

慌ただしい訪問ではあったが、念願であっただけに嬉しい。
台風のお陰で予定を前倒ししたので、訪問が叶ったと言える。

●主な収蔵品
隼頭神(ホルス)像-エジプト、第19王朝、紀元前13世紀
アルシノエ2世像-エジプト、プトレマイオス朝、紀元前3世紀
鶏を銜える山猫形リュトン-イラン/中央アジア、紀元前2-1世紀
精霊と従者のレリーフ-アッシリア、紀元前9世紀
仏立像-ガンダーラ、2世紀
絹本著色閻魔天像(重要文化財)-平安時代(原三渓旧蔵)
木造地蔵菩薩立像(重要文化財)-鎌倉時代(1972年重文指定)。
2014年から保存修理が行われたところ、胎内から菩薩の印を押した紙や札が詰まった状態で見つかり、重源や快慶の仏号を記した紙や「新薬師寺」の文字のある供養札などが発見され、2016年に像内納入品について重要文化財の追加指定を受けることとなった。
木造持国天立像(重要文化財)-鎌倉時代(興福寺伝来)
曜変天目茶碗(重要文化財)-南宋時代(前田家伝来)
紫檀螺鈿宝相華鳳凰文平胡籙(最後の漢字は竹冠に「録」)(重要文化財)
紫紙金字金光明最勝王経 巻第二(重要文化財)
象と鯨図屏風-伊藤若冲作
  1. 2018/09/18(火) 18:01:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都国立博物館「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の9 | ホーム | 伊勢神宮内宮参拝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2901-a369177e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する