FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

那智の滝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の7

那智の滝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の7

na6.jpg


串本の橋杭岩を後に、那智の滝を目指す。

na1_20180904064819b04.jpg

「那智の滝」は熊野那智大社の別宮、飛瀧(ひろう)神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきた。


落差133m・銚子口の幅13m・滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑。

na2_20180904064820719.jpg

滝壺の淵から見ると、その大きさと勢いに圧倒されるだけでなく、心まで洗い流されるような清々しさを感じる。

na3_20180904064822967.jpg

駐車場から飛瀧神社までの石段もかなりある。
自然石だから、雨が降ればかなり注意が必要。

na5_2018090406482512b.jpg


na4_201809040648232ba.jpg

この先の那智山青岸渡、を詣でるのが本来だが、足に自信がなく、何度も参拝しているTさんが、登るのを見合わせということもあり、滝のみの参拝。

2015年の参拝の折、大門坂・那智大社・青岸渡寺、などを参拝しておいたのは結果として良かった。

na7.jpg



本物に適うものはないが、根津美術館が所蔵する・国宝『那智瀧図』一幅 
絹本着色 160.3×58.5㎝ 鎌倉時代(13~14世紀)が思い浮かぶ。

仏さまが神さまの姿を借りて人々の前に姿を現すという、本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)に基づいて描かれた垂迹画。
だれがなぜ描いたのかは不明だが、この地を詣でた亀山上皇が御幸から戻り、京の御所にいながらにして那智瀧を拝するために描かせたのではないかと推測されている。
日本に古くから伝わるやまと絵の手法を用いながら、中国・宋時代の水墨画の影響も見られる。

na8.jpg

一遍上人絵伝・那智の滝(1299年)
  1. 2018/09/04(火) 06:58:45|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栗の家@笠間市土師1285 | ホーム | トルコ記念館@串本町「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2893-82ab10fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する