FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

トルコ記念館@串本町「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の6

トルコ記念館@串本町「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の6

ku1_201809031754499d1.jpg


ku1-2.jpg

南紀白浜の「千畳敷」
太平洋に向けて突きだしたスロープ状の広い岩畳。
白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩。
台風の影響で打ち寄せる荒波で全ては見えなかった。

海岸線に沿って、この日のお宿の串本を目指す。

港を隔てて、紀伊大島が目の前の宿。
大島を眺めて温泉に入り、飲んで食べて。
お互いに年を重ね、食事も酒も適量に。

ku3-1.jpg

宿からの朝焼け。
《ここは串本 向かいは大島 中をとりもつ 巡航船》の民謡「串本節」の故里。
今は紀伊大島とは巡航船ではなく、橋でつながっている。

台風が迫っているが、大島が防波堤になって、誠に穏やか。
左端が、樫野埼。

ku3-2_2018090317545446d.jpg

朝食を終えて、本州最南端の潮岬に。

ku4_20180903175456c28.jpg

台風情報で潮岬の・・・

ku5_20180903175457775.jpg

潮岬観光タワーの屋上からの眺めは抜群。

「くしもと大橋」を渡って紀伊大島に。

ku6-1.jpg


トルコ記念館(大島の東端、樫野埼)。

ku6-2.jpg


1890年(明治23年)9月16日に紀伊大島沖で遭難したオスマン帝国(現在のトルコ)エルトゥールル号が遭難。
乗組員650余名のうち地元住人の献身的な救助活動で69名が救出された。
艦の模型や乗員の遺品のほか、トルコ政府から寄贈された品々を展示してある。

この救助のエピソードがトルコの教科書に記述があるらしい。

2008年にトルコに旅した際、小学生の団体から「コンイチハ」と声を掛けられたことがしばしば.

親日的な雰囲気はこの救助に基づくようだ。

ku7_20180903175502a5d.jpg

トルコ軍艦遭難慰霊碑
記念館よりさらに先端寄りに建立。
訪日のトルコ人の団体さんが参拝に訪れていた。

ku8_20180903175503c36.jpg

アタテュルク像・トルコ共和国初代大統領。
トルコのどこでも、多様なアタテュルク像が在る。

ku11_20180903175508887.jpg

樫野埼灯台
大島の東端、樫野の断崖に日本最古の石造り灯台。

ku9_201809031755053e3.jpg


樫野埼灯台旧官舎 ▽国登録有形文化財

ku10_20180903175506f66.jpg

灯台と旧官舎は、イギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により、明治3年(1870年)に建設された。

ku12.jpg
 
橋杭岩
串本から大島に向かい約850m、列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っ。
規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付いた。
海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭。
40余りの岩柱がそそり立つ「橋杭岩」。
  1. 2018/09/03(月) 18:06:52|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<那智の滝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の7 | ホーム | 南方熊楠記念館(白浜町・番所山)「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2892-1dfc01ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する