FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

南方熊楠記念館(白浜町・番所山)「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の5

南方熊楠記念館(白浜町・番所山)「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の5

mi1_2018090217474642a.jpg

南方熊楠記念館・昭和天皇御製の歌碑。
「雨にけふる神島を見て 紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」
昭和天皇御製・を刻んだ碑は神島を望む,南方熊楠記念館の前に建立。

mi2_20180902174749daa.jpg

南紀白浜は関西を代表する観光地で、海の色や光は正に南国。
観光客も沢山でリゾート気分満載。
Tさん曰く「熱海と同様、戦後まもなくは新婚旅行のメッカだった」。
熱海よりは活気を感じる。

mi2-2.jpg

白浜の海岸線を含め、地層が露出しているところが沢山ある。
最近、地層に目が行くようになったが、年代や種類など全く分からないのが残念。

mi3-3.jpg


海に浮かぶ「円月島」は絶景だ。

mi3-1_2018090217475438d.jpg


「円月島」の対岸の半島先端が「番所山」。
紀州藩の与力36人が一か月交代で異国船の監視に当たった遠見番所。

mi3-2.jpg


「ウバメガシ」は紀州・備長炭の原材料、この辺りに自生してるようだ。

mi4_2018090217475723e.jpg

番所跡地に「南方熊楠記念館」が在る。

mi5-1.jpg

mi5-2.jpg

mi6-1.jpg

mi6-2.jpg


博物学者・植物学・菌類学者としてのみならず、民俗学の創始者、南方熊楠(1867~1941年)
の研究資料・遺品や熊楠が作製した標本など約800点が年代順に展示されてある。

19才から14年間アメリカ、イギリスなどへ海外遊学。
数ヶ国語を自由に使いこなし、国内外に多くの論文を発表し、日本に「ミナカタ」ありと言われた。
天文学、鉱物学、宗教学などにも多くの足跡をのこし「知の巨人」と称される。


●上野の国立科学博物館で2017年12月~2018年3月まで開催された「南方熊楠生誕150周年記念企画展-100年早かった智の人-」展を見た。
「博覧強記」が過多、今回も同様で「凄い人なんだ」と感じたが何なのかは分からずじまい。

mi7_20180902174804066.jpg

mi8_20180902174806c4a.jpg




屋上から四方が見渡せる。
台風が接近で白波もたっていたが、この頃までは穏やか。

mi9_20180902174807fcb.jpg


熊野三山も望める。
一般的な松とは樹形や葉が異なる松の木。

●熊楠が晩年の25年を過ごした邸宅や顕彰館が田辺市に在る。
今回、田辺市はパスしたが、機会が有ったら訪ねたい。
  1. 2018/09/02(日) 18:31:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トルコ記念館@串本町「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の6 | ホーム | 和歌山城「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2891-e8007886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する