FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

須藤文彦さん講演会@水戸南町「茨城新聞 みと・まち・情報館」

須藤文彦さん講演会@水戸南町「茨城新聞 みと・まち・情報館」

su1-1.jpg


su1_201808130500317a3.jpg

su2_201808130500347c8.jpg

su20.jpg


8月11日(土)10時30分から、水戸南町「茨城新聞 みと・まち・情報館」で「再発見!坂道と水辺が織りなす水戸の風景」と題する講演会が開催された。講師は『水戸まちづくりの会』事務局長の須藤文彦さん。

su5_20180813050038a85.jpg

su6_20180813050039bac.jpg

su7_20180813050041303.jpg



平成11年3月に設立された同会は「上市に橋なし、下市に坂なし」という水戸に古くから伝わる言葉に注目し、水戸の歴史的遺産としての坂道と橋について調査研究を続けている。
「上市・下市」という呼び名も、水戸の独特な言い回しだが、最近では使われな傾向なのも寂しく感じる。

研究の成果を、平成14年3月に『水戸の坂道』として発行した。
平成23年に『水戸の橋ものがたり』の発行。


この度、およそ7年がかりで『水戸の坂道、水辺の風景』を上梓した。


須藤さんは、お笑い芸人が良く使う、パラパラとスケッチブックをめくる手法で分かりやすく解説した。

su4_20180813050036390.jpg


su3_2018081305003544f.jpg


文化の定義・地質と水脈・水戸の三ハカセなど、広範囲にわたる話に満員の聴衆は魅了された。

su10.jpg

su8.jpg

学者でないからこそ出来ること、を実践した「水戸の三ハカセ」と呼ばれた三人の方々。

『明治大正の水戸を行く』 (1959年)の著者・前田香径さん。
『泉町物語』の著者・望月芳雄さん。

su9.jpg

『水府巷談』『水府異聞』『水府綺談』の著者・網代茂さん。
新いばらきタイムス社の副社長として、記者の目と耳をもとにして水戸を描いた三部作は、水戸市史とは違った角度からの切口で水戸を知ることができる。

と三氏が書き残した著作によって往時のことを知りえる、と業績を称えた。

su11.jpg

『彰往考来』は徳川光圀が唱えた。
「過去をあきらかにして、未来を考える」との意。



歴史を知ることにより、水戸誇れる町に、との願いが込められている。

su13.jpg

聴衆として参加していた「水戸の井戸博士」西原 昇治さんが水戸の地層がいかに水を貯える地形であるか。
などを補足説明、台地でありながら1本の水路もなく、井戸のみで生活用水を賄った「水戸・上市」の地形と地層の特殊性をわかり易く解説。

su14.jpg

ゆるく、毎月第一・第三土曜日に開催される「水戸まちづくりの会」。
次回の集いに参加の呼びかけもなされた。

聴講の多くが出席してみようと思ったに相違ない。

水戸南町「茨城新聞 みと・まち・情報館」では講演会やコンサートなどが毎月開催されている。

  1. 2018/08/13(月) 05:23:37|
  2. 講演会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「骨董・新古美術・我楽多余市」余聞 | ホーム | 『水戸の坂道と水辺の風景』水戸まちづくりの会・定価700円>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2879-445050c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する