FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「水高スクエ」ア@水戸市東原3丁目

「水高スクエ」ア@水戸市東原3丁目

sui1-1.jpg

sui1-3.jpg

sui1-4.jpg


sui1-5.jpg

「水高スクエア」は北水会記念病院を中核とした医療・健康増進・介護・福祉機能の医療福祉複合エリアで2009年旧国立水戸病院跡地に開設された。

歴史を遡れば旧制水戸高等学校(通称:水高)のあった場所。
当時の敷地は戦後に水戸第一中学校、国立水戸病院、公務員宿舎等に分割された。

sui1-1-2.jpg

旧国立水戸病院跡地の「水高スクエア」は水高時代の北側・約半分位か。

sui1-1-4.jpg

sui1-1-3.jpg

大久保重義(1944年~2016年)が1979年水戸市河和田町に開院した「北水会病院」は発展を重ね、2009年旧国立水戸病院跡地に「北水会記念病院」を中核とする、医療・健康増進・介護・福祉機能の複合施設「水高スクエア」を開設した。
一代でこれだけの企業集団を作り上げた手腕は稀に見る才能だ。

「北水会グループ」の2017年現在の施設数は、茨城を中心に東京など50個所で総従業員数2329名を数える。

sui1-6.jpg

スポーツクラブ『アクアメディエクス』が施設の一環として2010にオープンした。僕は2011年の入会以来、ジムやプールとジャグジー、風呂等で快適なリタイア生活をおくっていることに感謝している。

旧制水戸高等学校の敷地に屋外フールだけが残り,茨城大学に移行後も使われていた。
水戸市内で唯一なので、何かのつてで泳いだが、飛び込みを兼ねたプールで深さが5㍍くらいで、不安な思いで泳いだ。
このプール建設にあたっては大久保重義の父親・大久保隆治が内務官僚時代に建設に関わったという。
『アクアメディエクス』のプールで泳いでいることに不思議な縁を感じる。

sui3.jpg


sui3-1.jpg

旧制水戸高等学校は茨城県出身の内田信也(1880-1971・大正~昭和時代の実業家,政治家)の寄附金百万円により全国13番目の官立高等学校として設立された。政界・官界・財界・学術・文化の幅広い分野に人材を送り出した。

学制改革により閉校となった昭和25年3月31日まで、30年間に延べ5,300余名が学び、青春を過ごした。
旧制高校中で最も「蛮カラ」の雰囲気の強い学校として知られ、一高に次ぐ大型の寄宿舎「暁鐘寮」が設置されていた。

そのため、戦後間もない時期でも学生が大工町などを徘徊する姿をみかけた。
小学生だった僕らも憧れ、長じて高校に入学して(勿論、新制の高校)高下駄を履く、学帽などを破くなどと真似をしたものだ。

●1965年に国立水戸病院が水戸市五軒町から移転した。
跡地は専売公社となり、現在は分譲マンション。
国立水戸病院は2004年同病院は茨城町に移転し、現在の国立病院機構水戸医療センターとなった。

●国立水戸病院時代の写真が少なく、手元にない。
探し次第、掲載したい。

  1. 2018/07/04(水) 22:09:02|
  2. 水戸の今と昔
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸市備前町北区 @水戸市泉町 | ホーム | BENZ-103 @水戸市泉町2丁目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2864-3e453dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する