FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

BENZ-103 @水戸市泉町2丁目

BENZ-103 @水戸市泉町2丁目

be1-1.jpg

be1_20180702152538011.jpg


大正時代から水戸一番の花柳界を形成していた鳥見町が全盛だったのは、昭和30年代から40年代にかけてまで。
検番があり、待合(料理は仕出し屋から取り、芸妓置屋から芸者さんを呼んで遊興する場で、京都のお茶屋に相当する)が軒を連ねていた。

昭和42年の表示変更で泉町・天王町・大工町と町名は別れたが、その頃までが全盛であったかもしれない。

be4.jpg

be4-1.jpg


「BENZ-103」は農機具や発動機の「土信田商会」の業種転換、先に南町3丁目で転換した喫茶「富」の成功に習ったのか。社長の土信田富久の名前に由来する。


「BENZ-103」は3人位のご婦人たちが日替わりでカウンターに立つ。
何方が淹れても「富」独特の味は変わらない。
オリジナルブレンドの豆が同一業者からの仕入れとしても、女性陣による伝統の味の継続は素晴らしいものだ。
2階への階段を登れば、インテリアが楽しい部屋だが1階のカウンターに席を占めるお客さんが圧倒的だ。

当時珍しかったベンツで国内各地をドライブするのを楽しみとしていた。

be3_201807021525412ac.jpg

其の車が、主亡き今も隣の車庫に鎮座している。

be7.jpg


反対側が水戸一番の大型スクリーンの「京王グランド」
その跡地が、ライオンズマンション。
この先はソープランド街で料亭街の名残は全くない。

be6.jpg

be8.jpg

南側、天王町の突き当りが“待合”「ムサシ」。
喫茶」「富」や「BENZ-103」を経営していた土信田さんによる「待合」だった。
かなり前に営業はやめたが建物は健在だった。

be9.jpg

見越しの松は枯れたが、名物の紫陽花は花を咲かせる。
奥の角部屋の座敷の見晴らしが良かった。
ヤマザクラの大木も見事だ。


●「水戸の今と昔」として現在の姿と、以前の写真などが有れば同時に掲載しようと思いシリーズ化の予定。
過去の写真はなるべく未発表を探すつもりですが、知れ渡った複写品にも頼ることになりそう。
  1. 2018/07/02(月) 15:32:13|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「水高スクエ」ア@水戸市東原3丁目 | ホーム | 渡辺彰吾個展「夜の子」「@水戸市泉町2丁目スマイルタワー3F>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2863-9bee4a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する