FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旧東海道品川宿・其のⅠ@東京都品川区

旧東海道品川宿・其のⅠ@東京都品川区

to1_201806240651399e7.jpg

to1^2

旧水戸街道を含め、旧街道の街を途切れ途切れでもいいから散策したいと思っている。

東海道五十三次の宿場の第一宿の「品川宿」は京急本線の北品川駅から南は青物横丁駅周辺までの旧東海道沿い一帯に広がっていた。
目黒川を境に、それより北が北品川宿、南が南品川宿と呼ばれた。

to3_20180624065143c1a.jpg


JR品川駅周辺、当時は海が埋め立てられ、高層ビルが林立。

to4_20180624065145640.jpg

to9_20180624065154898.jpg

to2_20180624065142fd2.jpg


徒歩10分の「八山橋」辺りが品川宿の入り口。


品川宿は中山道の板橋宿、甲州街道の内藤新宿、日光街道・奥州街道の千住宿と並んで江戸四宿と呼ばれた。

to4-1.jpg

「品川 日乃出」
歌川広重 『東海道五十三次』 より
御殿山の麓を通過する大名行列の最後尾を描いている。

北は京急本線の北品川駅から南は青物横丁駅周辺までの旧東海道沿い一帯に広がっていた。

to6_2018062406514959c.jpg

to5_20180624065148281.jpg


「鯨塚」当時の海岸線、時にはクジラの姿も見られたのだろう。

to7-2.jpg

to7-1.jpg


沿道には大小のお寺さんも多い。

品川宿は五街道の中でも重要視された東海道の初宿。
西国へ通じる陸海両路の江戸の玄関口として賑わい、旅籠屋数や参勤交代の大名通過数において他の江戸四宿と比べ数多かった。

古典落語の廓噺(居残り佐平次、品川心中等)の舞台。
他の宿場がそうであったように岡場所(色町、遊廓、飯盛旅籠)としても賑わい「北の吉原、南の品川」と称されるほど一大遊興地として繁栄した。
昭和30年代までその痕跡があったようだが、今や全く感じられない。

現状からは往時の賑わいを想像しようもないほどに静かな町並みだ。

to10_20180624065155c45.jpg

目黒川に架かる「品川橋」

宿場の中央に位置し橋の左右が北品川宿、南品川宿と呼ばれた。

to11_20180624065157609.jpg

川の上流が目黒方面。

to12_2018062406515841d.jpg

夜は小料理、昼は定食の店で「穴子膳」.
古い塗碗や器を使用した趣味の良い、こじんまりした店だった。
  1. 2018/06/24(日) 07:05:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧東海道品川宿・其の2@東京都品川区 | ホーム | 「第46回MITO彫刻展」@アートセンタータキタ2階(水戸市泉町3-1-29)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2857-5b0bc342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する