FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

竹林のタケノコを刈る。@西の谷緑地

竹林のタケノコを刈る。@西の谷緑地


nisi1_20180423221148eba.jpg

<nisi6_201804232211558d2.jpg

3月末からの暖かさで、桜が早い年だった。
既に、様々な新緑に溢れている。

従って、山菜類も早かった。
ワラビ・ゼンマイ・コシアブラなどの山菜などもいただいた。
コシアブラに似た、タカノツメというのも頂いた。
タカノツメと聞くと普通は唐辛子を思い浮かべるが、こちらが正真正銘の正式名称の樹木とのことだったが、確かにコシアブラより小さく香りも良かった。

筍子も例年より早く、あちこちから届いて筍三昧の日が続いた。
カミさんは筍茹での毎日、でもうケッコウという状況だ。

西の谷の竹林も連日、伸びる!伸びる!

木の階段周辺は伸びると歩行に支障があるので伐らなければならない。
水戸市の公園管理事務所の手入れは、伸びきって竹になってしまってから。
それでは間に合わないから、例年今ごろは竹切の毎日。

nisi7_20180423221157496.jpg

昨日は約50本、今日は100本以上。
それでも、竹林全体の十分の一までは届かない。
時間の余裕があれば、東の谷の「紀州堀」辺りまでやるが、体力が衰えているから今年はどの程度まで出来るか。

斜面の角度は結構急で、足を滑らせれば危険だ。
長靴を履いているが、滑落しそうになるのもしばしば。

以前、鉈を使って指先を切ってから鋸を使うようにしている。

nisi4_201804232211522bf.jpg


自生のウラシマソウ。
花穂の先端から長く伸びた付属体を、浦島太郎の釣り竿に見立てた名称。 
マムシグサに似ているがマムシグサには長く伸びる線状の付属がない。

nisi3_20180423221151bfa.jpg


この斜面にはフキが多くなったが、植生は数年ごとに変化する。

nisi9_20180423221200da7.jpg


斜面の湧水の出口。
以前はかなりの流量だったが、今は、ちょろちょろ。

nisi8_20180423221158edf.jpg


その上には砂礫の層がある。
地層を学ぶのは重要でいろいろなことが見えてきそう。
水戸の西原昇治さんが詳しく、機会が有れば教えを乞いたいと思っている。
  1. 2018/04/23(月) 22:18:35|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハロー・ワールド展、明日(5月6日)まで。 | ホーム | ファッションギャラリー「Makes」開店25周年@水戸市泉町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2849-0a4f45c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する