FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

東海道の松並木@大磯

東海道の松並木@大磯

ma1-1.jpg


ma2_20180410175041eaf.jpg


ma1_201804101750379ae.jpg


「鴫立庵」の前を通る国道1号線を左に折れ、小田原方面へ向かう上り坂。
上りきった大磯中学校の辺りから東海道の松並木が残され、遊歩道が整備されてある。

さらに2キロ行けば、吉田茂の旧邸があるようだ。

ma1-3.jpg

歌川広重の「東海道五十三次・大磯宿」

江戸時代の旧街道の絵図には、必ず松並木の風景が描かれてある。
日本の風土には松がよく似合うと思う。
茨城県内各地や水戸近辺にも松並木や松林が沢山あったが、松くい虫などの被害でかなり少なくなってしまった。

松は手入れが難しく、虫害を受けるからなのか?
新たに植えられないのは残念だ。

ma2-2.jpg


樹齢数百年、直径1メートルも有りそうな巨木が何本もある。
日光や箱根の見事な杉並木は見ているが、これほどの松並木を見たのは初めて。

街道の1本裏通りを散策すれば、石垣もあったりする落ち着いた路地。 

ma3_201804101750447f5.jpg

ma4_20180410175046c79.jpg

住宅なのか、別荘なのか?
瀟洒な庭と家々、如何なる人たちの棲み処なのだろう。


お伊勢参りの帰途、伊勢を早朝に発って名古屋を経由し豊橋で下車し朝食をとった。浜松・島田と下車を重ね駅前を散策した。
わずかの時間とはいえ、通過するのと降り立つのはかなり異なる。
途中下車が可能なのが「青春18切符」の大きな特徴。

大磯では念願の「鴫立庵」を訪れ、旧東海道の松並木も体験できた。

  花の下は花の風吹き西行忌   村山古郷
  三夕の一夕の浦西行忌     阿波野青畝
  大磯に一庵のあり西行忌    草間時彦
  

ma6_20180410175047f01.jpg

大磯駅に向かう国道沿いに、古い商家を改築した「CHAIRO Curry」
古民家カフェなのだろうが、カレーがウリのようだ。

ma8_2018041017505175f.jpg

ギネスを飲みながら遅めの昼食というより夕食。

ma7_20180410175049f4b.jpg


スパイシーで好みの味のカレーだった。
雑穀入りのご飯も美味しかった。

●慶長5年(1600)の関が原の合戦に勝利をおさめた徳川家康は、慶長6年には東海道に宿駅の制度を設け整備を行った。
慶長9年には36町を1里(約3.9キロメートル)として一里塚をつくり、街道筋にはマツやエノキなどが植えられた。
●従って、東海道本線の車窓からはあちこちの松並木が遠望できる。
どこの松並木とは特定できないが、機会が有れば最寄りの駅から歩いてみたいと思っていたのが、今回実現した。
広重の「東海道五十三次」の版画に登場する場所を訪ね、現代の街道と対比する旅を、こまめに続けたい。

  1. 2018/04/10(火) 17:57:34|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「人体―神秘への挑戦―」展 @国立科学博物館 | ホーム | 新・旧茨城県庁エリアの桜まつり。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2840-567958b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する