FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旧水戸街道・土浦宿

旧水戸街道・土浦宿

ki1-1.jpg

ki1.jpg


青春18切符は、普通切符ではできなくなってしまった、途中下車できる利点がある。東京からの帰途、土浦で途中下車した。

土浦は城下町であったほか、霞ヶ浦水運の拠点地でもあり物資集積地としても栄えたので、中城通り(旧水戸街道)にかつての豪商の建物や蔵・寺社仏閣などが。

ki2.jpg

天ぷら ほたて。
中城通り(旧水戸街道)に面した角店で、100年以上の歴史を有するてんぷら屋。
寄棟造りの木造2階建て、明治の町家という風情が漂っている。
一度は入ってみたいと思っている。

ki3.jpg

まちかど蔵「野村」。

ki5.jpg

「野村」脇の路地、この先に不動院・琴平神社。

ki6.jpg

ki6-1.jpg

中城通り。
この通りの奥に「そば処・吾妻庵本店」が在る。
水戸の「吾妻庵」の本店にあたるらしいので、この店も一度は訪ねたい。

ki7.jpg

土浦城(現在は亀城公園)

ki7-1.jpg

古地図を見れば、城を中心に掘割が巡り、水に浮かぶ亀の姿に見えるので「亀城」と呼ばれたことを彷彿させる。

ki8.jpg

亀城公園の濠を挟んで「城藤茶店」の暖簾。

ki8-1.jpg


上がり框からの店内、古民家カフェだった。

ki8-2.jpg

ki8-4.jpg

ki8-3.jpg

あちこちに書棚や本が沢山、ブックカフェでもあるようだ。

朝8時からの営業で食事メニューもある。

東京からの朝帰り。

ki8-5.jpg

朝食を兼ねて地元産のレンコンも入った、ヒヨコマメのカレーセットを注文した。

とても感じの良い店で、亀城公園を眺めながら、ゆったりと寛げた。
水戸でも弘道館や偕楽園の近くに、このような店が在れば、と思った。


●水戸街道は千住宿を基点に、松戸宿、取手宿、土浦宿…と経て、水戸に至る約116㎞の行程。
水戸徳川家と江戸を直結する幹線道路として、五街道に次ぐ重要な存在だった。
しかしながら、往時の面影を遺す場所は少ない。

土浦には、土浦城(現在は亀城公園)をはじめ、中城通り(旧水戸街道)に商家や蔵、神社仏閣などが残る。
  1. 2018/04/07(土) 14:22:09|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<能面展@偕楽園公園センター | ホーム | 木島櫻谷の「寒月」@泉屋博古館 分館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2837-66cc3af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する