FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

木島櫻谷の「寒月」@泉屋博古館 分館

木島櫻谷の「寒月」@泉屋博古館 分館

kiji1-1.jpg

kiji0-4.jpg

3月11日(日曜)、NHKの日曜美術館「漱石先生 この絵はお嫌いですか~孤高の画家 木島櫻谷~」を観て、こんな素晴らしい孤高の画家がいたもんだと。
感心した。

「生誕140年記念特別展」が泉屋博古館・分館で開催されている。
PartⅠ 近代動物画の冒険 2月24日~4月8日。
PartⅡ「四季連作屏風」+近代花鳥図屏風尽し 4月14日~5月6日

kiji0-1.jpg


kiji0-2.jpg

会場の泉屋博古館 分館は地下鉄「六本木3丁目駅」下車し、エスカレータで上がれば、泉ガーデン。
公園の一角に「泉屋博古館・分館」は住友グループの博物館。
京都の鹿ヶ谷の泉屋博古館本館は青銅器のコレクションで有名だ。

kiji0-3.jpg


明治から昭和にかけて活躍した日本画家・木島櫻谷(このしまおうこく1877-1938)。
2013年に開催された回顧展をきっかけに、その後知られざる作品が続々と見出され、再評価の気運が高まっている。


櫻谷の魅力は、徹底した写生に裏打ちされた「動物画」で今回の展覧会の目玉ともいえるのが「寒月」
大正元年(1912)(京都市美術館蔵)。

kiji6-8.jpg

kiji6-9.jpg


kiji6-10.jpg

月夜の竹林に現れた一頭の狐を静謐なトーンで描いた。

kiji6-11.jpg

kiji6-12.jpg

瞬間を絵の中に定着させる徹底した観察眼と墨の濃淡で描く技術は見事。

墨に群青を混ぜ、青みが掛かった墨色は独特だ。

別の展示室に使用した顔料が沢山展示されているが、その色数の豊富さに圧倒される。

発表時に「屏風にするよりも写真屋の背景にした方が適当な絵である」と
夏目漱石が酷評した逸話がテレビで紹介された。
明治の文豪で絵画に造詣が深かった漱石も、当時は奇異に映ったのであろう。

kiji7.jpg

kiji8.jpg


kiji9.jpg



漱石に対する反論の気持ちであろう、自画像も紹介された。

京都の旧居は春秋の時期を限って公開されている。

  1. 2018/04/06(金) 22:11:23|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧水戸街道・土浦宿 | ホーム | 「アンディ・ホープ1930」展@ラットホールギャラリ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2836-08190301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する