FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「アンディ・ホープ1930」展@ラットホールギャラリ-

「アンディ・ホープ1930」展@ラットホールギャラリ-
3月22日より5月20日まで


an2_2018040603075871e.jpg


an1_20180406030754bfc.jpg




「アンディ・ホープ1930」とは奇妙な名前だが、勿論、実名ではない。
1963年ドイツ生まれでベルリン在住の美術家。
1930年が美術の世界の転換期と考えていることに拠るようだ。

今回の個展は日本で初めてのこと。

an1-2.jpg

an1-3.jpg



会場は南青山の「ヒステリックグラマー」地下の「ラットホールギャラリー」。
3月22日午後6時からオープニングレセプションがあるのを知り、作家と作品を知る機会と期待を胸に訪れた。

an6.jpg


an5_20180406030804760.jpg

地下ながら、外光が十分に入るガラス張りの空間に、新作のペインティングと立体作品が展示されていた。

an4_2018040603080373f.jpg

an2-2.jpg

an3_201804060308010ca.jpg

ポップで楽しい作品ばかりだ。

画廊の資料に拠れば、そう単純な話しではないらしい。
文末に概略を引用してあるが、かなり複雑。

an9_20180406030810aca.jpg


参加者は外国人や画廊の関連の人達が多いように思えた。
南青山という街ならでの、お洒落な人も多い。

an7.jpg

ブルー系のシャツとジャケット。

an8_20180406030809dd6.jpg

ステッキを持ったジェントルマン。
銀座で画廊を経営されている、スコットランド人だった。

an12-1.jpg

特設のバーカウンター。
森永さん北村さんとも再会が出来た。


●ギャラリー発表による資料には、
『2017年にヴェネチアビエンナーレで発表された《Vertical Horizon》やロメックスギャラリー(ニューヨーク)で発表された《#believe》から始まった、彼独自の未来表象をさらに展開した作品。
ゴミ箱を通して宇宙を覗き込むようなペインティング作品。
《#believe II》に見ら一連の新作は、世俗的な面と形而上学的な面、そして技術の精巧さと表面上の拙さが同居している。《We need the old magic》は、黒く歪みのある四角形の中に「電気羊」がどこか素朴で拙く描かれており、「絵画の零度」という概念に挑戦しようとしているかのよう。「電気羊」はフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を想起させる。
《Subprime VI》や《Subprime VII》は、債権やローン、デリバティブを組み合わせた証券化商品、いわゆる債務担保証券(CDO)になぞらえた彼の「CDOシリーズ」に連なる。
「CDOシリーズ」は、金融市場のチャートやダイアグラムといったフォーマットを、抽象絵画のボキャブラリーや格付用語(「サブプライム」など)を交差させ、将来を担保するための行為である「投機」に焦点を当てている。』


●1月20日午後8時から、南青山のレッドシューズで森永博志さんが68歳を迎える誕生パーティーが開かれた。

an13.jpg

ゲストに迎えたヒステリックグラマーデザイナーの北村信彦氏にデザインや商品に関する質疑やロックンロール談義、互いが作詞したものを交えた和モノDJバトル。
さらには、ベリーダンスやさらに数名のゲストのパフォーマンスなどもあって、深夜まで盛り上がった。
その際「ラットホールギャラリーはファッションとアートをリンクさせる場所」との話もあって、後日に訪ねた。
残念なことに、年に数回の企画展以外は閉廊だが、間もなく企画展が開催されることを知り心待ちにしていた。

  1. 2018/04/06(金) 03:23:38|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木島櫻谷の「寒月」@泉屋博古館 分館 | ホーム | 鴫立庵@神奈川県大磯町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2835-a000813b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する