FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鴫立庵@神奈川県大磯町

鴫立庵@神奈川県大磯町

shi1_201804040729061eb.jpg

「鴫立庵」は京都の「落柿舎」、滋賀の「無名庵」と並び日本三大俳諧道場の一つとされる。

かねがね、訪ねたいと思っていたが実現しなかった。
伊勢神宮参拝の帰途、大磯駅で途中下車。
青春18切符の利点は、何度でも途中下車が可能なところだ。

大磯駅から徒歩で約10分、国道1号(旧、東海道)沿いの瀟洒な茅葺屋根の「鴫立庵」。

shi2_201804040729074b5.jpg


門前を流れる谷川を渡る石橋。
落差のある流れの沢音が響く。


元禄8年江戸の俳人、大淀三千風が俳諧道場として「鴫立庵」を再建1世とし、現在は22世の鍵和田柚子が庵主を務めている。
歴代の庵主はここに住んだようだが、現・庵主は東京にお住まいとのこと。

何も知らずに閉庵時刻の16時間近に訪ねたが、管理の係員さんが親切に案内して下さった。
民間所有ではあるが、管理面においては大磯町が援助されているように感じた。

一旦、仕舞われたにも関わらず「水戸から訪ねた」と伝えたところ開扉されて説明下さり、写真も撮って下さった。
ご親切な対応に心から感謝いたします。

管理員さんの説明と頂いたパンフレットを元にした訪問記。

江戸時代初期(寛文4年)小田原の崇雪が敷地内に建てた「鴫立沢」碑。
石碑の銘文「著盡湘南清絶地」により「湘南発祥の地」とされることもあるとか。

西行の「こころなき身にもあはれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮」(『新古今和歌集』)の比定地とされている。

shi9_201804040729199b5.jpg


「鴫立庵室」歴代庵主の住まいとして使われた。
21世の草間時彦は在庵15年で平成15年に没するまで住まわれたようだ。

shi3_201804040729085a8.jpg

shi3-2.jpg


「法虎堂」

shi3-1.jpg

堂内には有髪僧体の虎御前19歳の木像。

shi4_20180404072914265.jpg

「円位堂」
庭園の奥、海を背に北面して建つ。
大淀三千風が創建した当時の遺物と伝えられる。

shi4-2.jpg

文覚上人作の西行木像。

shi5_2018040407291604e.jpg


庭内には多くの石碑などが建っている。

shi6_2018040407291727d.jpg

「俳諧道場」は句会などにも貸し出し可能。
使用料も安く、句会開催の場所として最適だが大磯では遠すぎ。
地元の人にとっては絶好の場だろう。

  1. 2018/04/04(水) 07:38:29|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「アンディ・ホープ1930」展@ラットホールギャラリ- | ホーム | 春爛漫の西の谷にようこそ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2834-627356ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する