FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

青春18きっぷ春の陣は「お伊勢参り」。

青春18きっぷ春の陣は「お伊勢参り」。

ise12.jpg


中世以来『せめて一生に一度は』と言われたが、30年以上前に日帰りバスの旅で内宮だけだった。
伊勢神宮は外宮・内宮という2つの大きな神社と周辺の125の神社の総称だから今回は両宮とその他も訪ね、更に外宮の門前の「フランス料理 ボンヴィヴァン」で夕食。
という欲張りな内容だが、お詣りに飲食は古来の愉しみ。

「ボンヴィヴァン」のオーナーシェフ・河瀬毅さんは「シェ・ジャニー」(盛岡市材木町)の創業・渋谷時代のお弟子さんだ。
僕はジャニーこと春田光治さんの大ファンで、その流れを汲む店を訪ね料理を味わい、お話を伺いたいと願っている。

昨年8月には、八戸の「ビストロ ポ・デタン」の三浦シェフを訪ね楽しい時間を過ごした。
三浦シェフは安比時代のお弟子さんだが、河瀬シェフは渋谷の神南の時のお弟子さんで、当時の懐かしい話も楽しみだ。

水戸から青春18切符で伊勢を訪ねるとなると普通電車で約10時間。
乗り換えが約8回位で新幹線を利用すれば6時間で若干早い。
大坂からは5日間、江戸からは15日間徒歩でかかった頃から比べたら段違い早いし、更には途中下車の愉しみもある。

水戸~名古屋、東海道線の乗り継ぎは至って便利で15分から30分で十分だ。
ひと電車遅らせ駅前散策することは可能だが、その楽しみは復路に任せ、往路は目的地を目指す。

ise1.jpg

水戸発04:33の始発で。

ise2.jpg


水戸~熱海はグリーン券。
2階建ての電車は快適だ。

ise3.jpg

旅のお供は、白洲正子のエッセイ集「陶」。

ise4.jpg

巻頭は大佛次郎。

ise5.jpg

刊行間もない、シェ・ジャニーのレシピ本。

ise6.jpg


ise7.jpg

ise8.jpg

相模湾を通過し名古屋に。

ise9.jpg

ise10.jpg


名古屋からは「快速みえ」を利用する。
名古屋〜鳥羽を結ぶ快速列車で、途中で伊勢鉄道を通るが伊勢鉄道はJRではないので、その部分だけ別運賃を払うことになる。


ise11.jpg

JRの伊勢駅に到着。
  1. 2018/03/26(月) 04:08:33|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星出館 @伊勢市河崎2-15-2「お伊勢参り」其の2  | ホーム | 観梅着物Day@偕楽園・見晴広場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2825-bb7b8de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する