FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

 山口堅造・みちよ 鍛金二人展 @ギャラリーしえる

 山口堅造・みちよ 鍛金二人展 @ギャラリーしえる
  2月27日―3月4日 


yam2_2018030101160655c.jpg

yam1_201803010116048cd.jpg


yam13.jpg

yam12.jpg

金属を熱して加工しやすくし、金槌
や木槌で打ち延ばして型づくる技法を鍛金(たんきん)と呼ぶ、いわゆる「鍛冶屋」さんと同じ。
その技法で製作された花器と云うことでで「花よ・恋い」と題されている。

「山口堅造」さんの素材は主に銅。

yam17.jpg

yam16.jpg

yam15.jpg

「山口みちよ」さんは鉄を主に使用している。


銅は熱してしまえば多少冷えても柔軟に成形できるが、鉄は赤く熱しられている時だけというのが大きな違いらしい。

yam5_201803010116108d0.jpg

yam4_20180301011609466.jpg



お二人の作品は二分されて展示されているが、写真は順不同。


かなり複雑な形態だから、制作に可なりの時間を要したと推測される。

それぞれに魅力的な作品が並ぶ。
花を生けたらさぞ素晴らしいことだろう。

yam3_201803010116070fb.jpg

yam11.jpg


茶筒は。とても使いやすそうだ。
この様な茶筒に茶葉を入れ、お茶を飲んでみたい。

yam10.jpg

yam9.jpg

yam8.jpg


yam7.jpg

価格もお手頃で、ついつい手が出そう、ぐっと我慢の子でした。

●金属に細工をする美術工芸を金工(キンコウ)と呼ぶ。
大まかに、鋳金(ちゆうきん)・彫金・鍛金の3つに分かれる。
●鍛金(たんきん)金工技法の一種。
金属の展延性・収縮性を利用してさまざまな器物をつくる技法で、鍛造(たんぞう)、打物(うちもの)、鎚金(ついきん)、鎚起(ついき)ともいう。
金属塊を金槌(かなづち)や木槌で打ち延ばしたり、薄い板金を表裏から打ったり、金属のへらで絞ったり、折り曲げるなどして器物を成形する。
この「絞り」が鍛金の独特の技法で、立体的で暖かなふくらみを作る。
  1. 2018/03/01(木) 01:27:05|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GARAGE Milan@那珂市中台878-6 | ホーム | ミステリアスな宴@ひたちなか市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2820-b6eaac4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する