よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

森永博志さん誕生日の後日譚

森永博志さん誕生日の後日譚

goji8.jpg


南青山レッドシューズでの「森永博志さんバースデーイブナイト」が盛大に行われ24時過ぎにお開きとなった。
遠距離で家に帰れない僕などや、近いけれど、もう少し森永さんと話した友人7人がタクシー2台に分乗し、芝浦の森永さんのアトリエに移動した。

芝浦のタワーマンション群の一つ45階建ての44階、眼の前がレインボーブリッジという素晴らしいロケーション。

そこから、奇妙な現象を観た。

goji1_20180130165830336.jpg


写真の中央部の明かりが分断されている辺りが、海面から巨大な煙の柱のように見える。

goji7.jpg

翌朝の写真で照合すれば、中之島のように細長く見えるところの先端辺り。
海流による気温の変化か?とにかくこのような現象が起こるらしい。

レッドシューズで念力によるスプーン切断を披露した清田益章さんは、この辺りにお住まいで、この時は、反対方向からの眺めというが、この現象はご存じで、「霊的なことではないが、地理的・歴史的な観点から考えても重要な場所」という。何か超常現象のように見えた。

goji5.jpg


清田さんは1974年にユリ・ゲラーが話題になった時に、全国で見出された、いわゆる「超能力少年・少女」たちの一人。
かつての超能力者たちが姿を消していった中で、青年になって以降も何らかの形で「不思議現象」に登場してくるのは彼一人。
常人とは異なる人の存在を、僕は信じる。
森永さんと清田さんの対話に、しばし感心して聞きいった。

goji3.jpg

本好きの森永さんのアトリエには沢山の本も置いてある。
その中で面白そうな写真集を発見した。

森永さんとトークショウを行った、ヒステリックグラマーの北村信彦さん。
ショップの内・外装や家具のデザイン、写真集のプロデュースも手がけ、活躍のフィールドは多岐にわたる、と聞いていた。

青山店B1Fに「RAT HOLE GALLERY」という画廊を開設し、写真集も出版しているのだ。

goji2.jpg

この本は10年記念の展覧会に際しての写真集。

後で知ったが、1995年の“hysteric no.6・Daido”(森山大道の写真集)は世界。

goji4.jpg


goji9.jpg

アトリエには飲み物も沢山あって、餃子を肴に日本酒を飲みながら、お話を伺った。
音楽プロジューサーのケーシーさんも森永さんとは古い付き合いで、一緒に仕事をしたこともあるようだが、僕には業界の話はチンプンカンプンだ。

静岡県藤枝市在住の小林ヒロアキさんは自らを「ロックンイラストレーター」と名乗り、森永さんのブログに「DAY TRIPPER@JAPAN」を連載中。

goji10-2.jpg


goji10.jpg

戻ってから読んだが、お会いした感じ同様、明るく楽しい。
かなり膨大なボリュームで、一気に読み進めない。

適当に雑魚寝し、翌朝に森永さん手ずくりの朝食を頂いて散会。
お世話になり、有難う御座いました。
  1. 2018/01/30(火) 15:23:44|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「新収蔵品展-山本冬彦氏からの寄贈を受けて-」@佐藤美術館 | ホーム | 中島ゆうすけ先生の「ロックンロールハイスクール」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2793-ed7697dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する