FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

森永博志さんバースデーイブナイト@南青山レッドシューズ

森永博志さんバースデーイブナイト@南青山レッドシューズ

mor1.jpg

mor2.jpg

1月20日午後8時から、南青山のレッドシューズで68歳を迎える森永博志さんの誕生パーテーが開かれた。

《今月は、レッドシューズにとって最重要人物である「レッドシューズの逆襲」の著者・森永博志氏の68回目の誕生日。
「第3土ヨー日」はバースデーイブという事で、スペシャルな夜になりそう。
森永氏の盟友、ヒステリックグラマーデザイナー北村信彦氏をゲストに迎え、ロックンロール談義とお互いが作詞したものを交えた和モノDJバトルで、華を咲かせてくれます。
レッドシューズファミリーで、森永さんのバースデーをお祝いしましょう!!
友川カズキライブは、またもや延期となりました。
果たして実現するのか…》(Red ShoesのHPより)

mor3.jpg


2年後に「古希(70歳)」を迎えるとあってか、永遠のロック少年・森永さんも期するところがあったのか、紙に書いたステートメントを朗読。

mor4.jpg

mor5.jpg

ゲストに迎えたヒステリックグラマーデザイナーの北村信彦氏に何故ファッション業界を目指したのか、デザインや商品に関して等の考えなどについての質問やロックンロール談義。

1974年にユリ・ゲラーが話題にった当時、全国で見出された、いわゆる「超能力少年・少女」たちの一人、森永さんとは昔からの知り合いの清田 益章氏が登場した。念力や踊りと祈りを合わせた「おのり」、など霊に関する話など。

mor7.jpg


mor8.jpg

mor9.jpg

更には、スプーン曲げ以上のパフォーマンス、スプーンを破断させた。

この類を信じない人もいるが、僕は信じる方で断裂の断面を見ても折り曲げたり切断しておく、の様なトリックは全く感じなかった。

mor10.jpg

岐阜の山中で密教法具を手にし、滝に打たれながら修行するVTRも流されたが、常人では不可能と思える集中力を感じた。

その上に、アカペラで自作のロックを歌った。
ロック歌手としてレコードを発売した実績があるとのことだが、確かに様になっていた。

mor11.jpg


次に「J・エルヴィス・シンガーの森 泰仁氏が登場。

15歳で高校を中退後、エルヴィスプレスリーに憧れ、苦難の末に26歳でメンフィスのプレスリーコンテストで優勝した。
「そっくりさん」ではなく、プレスリーの魂を歌う。この態度は終始一貫していることが言葉の端端から伝わった。
《彼の人生については森永博志著「続・ドロップアウトのえらい人」(2005年・東京書籍)の156頁から176頁に記載されている》

mor12.jpg

これまた森永さんの知り合いの女性のベリーダンス。
プロのダンサーかどうかは分からないが、妖艶でした。

mor6.jpg


誕生を祝し多くの方々が参加し、場内は満杯だった。

mor13.jpg

女性のファンも沢山、森永さんの人柄の良さが分かる。

著名な方もいらっしたらしいが、僕が分らない。
過激な体を張った芸で有名な「電撃ネットワーク」の南部 虎弾氏はその風貌で分かったが、ごくごく静かに飲んでいた。

mor15.jpg


「漫画 君たちはどう生きるか」吉野源三郎(著),‎ 羽賀翔一 (イラスト)が何百万部のベストセラーで話題だが、羽賀翔一氏もいたようだが。

友人たちの多彩な出し物が終わって森永さんと北村信彦氏の「和モノ」DJバトル。
森永さんの意向で「和モノ」のロック、と云うことらしい。
お二方ともプロの歌手に歌詞を提供しているようで、それらの楽曲も披露したようだ。

お二人のDJに合わせ、僕も調子に乗ってダンスをしてしまった。

なんやかんやで24時。
バースデイケーキのロウソクを灯して「ハッピーバースデイ・森永さん」の合唱で一応のお開きと云うことに。

mor14.jpg

記念の写真を北村氏と。

この様な場に慣れない僕も、十二分に楽しみました。
  1. 2018/01/28(日) 10:02:04|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 中島ゆうすけ先生の「ロックンロールハイスクール」 | ホーム | 「勝田全国マラソン大会のすべて」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2791-7c494dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する