FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「勝田全国マラソン大会のすべて」

「勝田全国マラソン大会のすべて」

ka1_20180127083349894.jpg



参加人数2万人超えの大規模市民マラソン「勝田全国マラソン大会」が1月28日(日)開催される。
今回で66回を迎えるまで、幾多の変遷を重ねて全国屈指の市民マラソンへと成長した。。
現行の全国マラソン大会で、昭和20年代まで遡ることが出来る大会はたったの4つだけ。
規模の大きさと歴史の長さの割には広く知られていないのを歯がゆく思っている関係者が少なくない。
主催者の「勝田全国マラソン大会実行委員会」が大会の記録ばかりでなく、歴史的・地理的な魅力の紹介を網羅したドキュメンタリーを刊行した。

ka6_20180127082329975.jpg


ka5_20180127082327f9e.jpg


第1章 65年のあゆみ
第2章 日本陸連公認コース
第3章 大会を支えてきた人々
第4章 大会記録

ka3_20180127082324a3b.jpg


●手づくりのゼッケン
今日の勝田全国マラソンの基礎を築いた(故)川又廣氏が当時、大会運営のためにゼッケンを手づくりしたという。

ka2_2018012708232327f.jpg


●街おこしに一役 参加賞に”完走いも”
特産品の「乾燥いも」が参加賞として選手に贈られたのは、昭和58年の第31回大会から。「乾燥いも」をマラソンでの”完走”とかけて、参加賞として渡すことを考えた当時の勝田市長。

ka4_20180127082326202.jpg


●コースの見取り図と周辺施設の案内。施設個別の説明については別途の解説記事もある。

多岐にわたる内容だが、図版や写真も多用されているので、マラソンに興味のない人でも読み物として面白い。

「あとがきに代えて」として、ひたちなか商工会議所会頭・観光協会会頭の鈴木誉志男氏が記しているように、この本の魅力は、編集と執筆に関わった水戸在住の文筆業・大曾根克彦氏が担当したことにあるようだ。
氏は『常陽芸文』のメインのライターで茨城県内の歴史・地理・文化に詳しい。

  1. 2018/01/27(土) 08:35:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<森永博志さんバースデーイブナイト@南青山レッドシューズ | ホーム | 北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2790-9a1a7d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する