よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
2018年1月28日まで@国立西洋美術館


hoku2.jpg

《明治時代、日本からの輸出品の梱包のために使われたのが江戸時代の浮世絵で、その美しさに魅入られた画家達が、自分たちの作品や生活に取り入れたのが、“ジャポニスム”という現象。モネやドガら印象派に大きな影響を与えた。》
という咄、輸出品の梱包に使用されていた。との真偽はともかく、日本の美術が19世紀後半の西洋で新しい表現の原動力となったのは事実。

「北斎とジャポニスム展」は葛飾北斎(1760-1849)がモネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米全域の作家にわたり、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及んでいることが分かった。

北斎の作品とヨーロッパの作家の作品を同じ場に陳列してある。
比較すれば、一目で分かるものもあれば、間接的な影響、或いは構図。
なるほど、そうなのか。謎解きの楽しみがあった。

国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点を比較しながら鑑賞できる。

hoku1.jpg


●1月28日迄の会期終了が近い1月20日(土)午後3時頃に到着。
サトリ珈琲店で山本冬彦さんのお話会のテーマの一つだった「観るアートに群がる人々」さながらの待ち時間30分。
土曜日は午後8時の閉館なので、科学博物館の「南方熊楠展」を観てのち5時過ぎに入館、待ちはしなかったが内部は満員で、版画作品など小さいからよく見えない。(16日現在で30万にを突破したという)

hoku3-1.jpg

葛飾北斎 《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》
1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵 ミネアポリス美術館

hoku3-2.jpg

クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》
1891年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館(松方コレクション)
木の形は似ているが、

hoku4-1.jpg

葛飾北斎 『北斎漫画』十一編(部分 刊年不詳  浦上蒼穹堂
エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)吉野石膏株式会社(山形美術館寄託)

hoku4-2.jpg

相撲取りとバレリーナ、一目で分かるような模倣はしないのが作家。

hoku5.jpg


≪サント=ヴィクトワール山≫×北斎
何年か前に南仏を旅し、ここだなと思った風景。
セザンヌは故郷の山を何度も描いている。
「冨嶽三十六景」のように同じモチーフを異なった視線から返し描く。

hoku6.jpg

ルドン 『ゴヤ讃』より≪Ⅱ. 沼の花、悲しげな人間の顔≫×北斎
ルドンの怖さを感じる幻影、北斎の描く幽霊の姿。

hoku7.jpg

スーラ

(掲載の写真はほんの一部)

葛飾北斎(1760~1849・90歳没)は改号すること30回、転居すること93回。
森羅万象を描き、生涯に3万点を超える作品を発表した。
画狂人という名前が正に的確。改めてその魅力と偉大さが分かる。
  1. 2018/01/25(木) 17:27:41|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「勝田全国マラソン大会のすべて」 | ホーム | 南方熊楠展@国立科学博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2789-a09ca704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する