FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

南方熊楠展@国立科学博物館

南方熊楠展@国立科学博物館
3月4日(日)迄


kum1.jpg


「南方熊楠」の生誕150周年を記念した展覧会-100年早かった智の人-が上野の「国立科学博物館」で開催されている。

南方熊楠は、森羅万象を探求した「研究者」とされてきたが、近年の研究では、むしろ広く資料を収集し、蓄積して提供しようとした「情報提供者」として評価されるようになってきた。
本展覧会では、熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)・菌類図譜が展示されている。

kum8.jpg


kum9.jpg

kum4.jpg


抜書。
古今東西の書物を書き写したもので、ロンドン時代に大英博物館の稀覯書物を写した「ロンドン抜書」52冊、帰国後の「田辺抜書」」62冊がある。
子供の頃に『和漢三才図会』全105巻を筆写しているが、帳面はびっしりと小さな毛筆の文字で埋め尽くされている。現在ならコピーという方法が有るが、かっては筆写だけ、その根気と執念は常人では出来えない。


kum10.jpg


kum6.jpg

日記。
日々の行動を細かく、具体的に感情を交えず日記に付けた。
また、日記には見聞した話や、様々な植物や生き物が描きこまれ、採集記録としても役立っている。

kum11.jpg

kum3.jpg

帰国後の熊楠は、和歌山県の那智や田辺で”隠花植物”(コケやシダ、菌類など花の咲かない植物を総じて指して用いられた昔の言葉)や、民俗の研究にのめりこむ。

kum13-3.jpg

kum12.jpg

自然保護運動の先駆者
神社を一町村一社にするという「神社合祀令」に対して敢然と論陣を張り、反対運動を展開、廃令に追い込んだ。これらは現代の自然保護運動の先駆者のようにも言われる。
しかしながら、神社の合祀は進み、廃社された神社の森は伐採され、一方、残った神社も人工的な施設と化した。
神社の氏子の減少などや、森の維持管理に経費が掛かり多くの神社が丸裸になっているのが昨今の現状だ。
熊楠の努力と精神を忘れてはならない。

kum13.jpg


熊楠使用のフィールドワークの道具を展示。

kum14.jpg

熊楠の取り組みには、次のような特徴がある。
1. とにかくたくさん材料(智)を集めること。
2. それぞれの材料をデータ化して扱う。
3. 必要に応じてそのデータを自在に取り出し、処理して提供する。

自然そのものも含む様々なデータソースから集めた膨大なデータを「コピー&ペースト」して、抜書や図譜といった形で独自のデータベースを集積し、それをもとに書簡を通じて意見を交わし、ときに出版物にまとめた。

これはまさに、我々がインターネットを通じて行っている知識の検索と集約と同様で、展覧会タイトルの“100年早かった智の人”だった。

●南方 熊楠(みなかた くまぐす、1867年 - 1941年)は、日本の博物学、生物学、民俗学など森羅万象を探求した研究者で別名「歩く百科事典」。
英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語に長けていた他、漢文の読解力も高く、古今東西の文献を渉猟した。
言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残した。
  1. 2018/01/24(水) 06:14:55|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃 | ホーム | 山本冬彦さんを囲んで@サトリ珈琲店2階>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2788-4c283782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する