よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「大佛茶廊」のお正月@鎌倉市雪ノ下1-11-22

「大佛茶廊」のお正月@鎌倉市雪ノ下1-11-22


大佛茶廊の営業時間は土日祝日の 正午前より日没まで。
1月は6日(土)7日(日)8日(月・成人の日)から始まった。
幕開けの6日に訪ね、お正月飾りなどを拝見することが出来た。

osa1.jpg


大佛茶廊は作家・大佛次郎(1897年 - 1973年・本名は野尻 清彦)の別邸であった。生前と変わらぬお正月のお飾りが施されてある。


osa2.jpg


玄関。

osa3.jpg


鏡餅。

osa4.jpg


床飾り、関西の知り合いより届けられるとのこと。

青竹の花入れが何本か有るが、出入りの大工さんが手ずくりして届けてくれるとか。

osa7.jpg

別の部屋の床の間。

osa9.jpg

茶廊のオーナー野尻 芳英さんは大佛次郎のお孫さんにあたる。

お客が立て込む前にお訪ねしたので、お話を伺う時間があったのは幸いだった。

osa8.jpg

吉永小百合と大佛次郎の写真が飾られてあった。

osa5.jpg

原稿や手紙、愛蔵の少さな置物などが展示されたケースも。

osa10.jpg

熊谷守一の書「うつくしい」の屏風。

osa6.jpg

庭の万両と水仙。
庭園には季節の花が何かしら咲いており、四季折々の風情を楽しむことが出来る。

osa11.jpg

「若宮大路幕府跡」の碑
大佛茶廊の角に「若宮大路幕府跡」の碑が在る。
鎌倉時代の1236年から1333年にかけて98年間、鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿)の御所(幕府)が置かれた場所で、若宮大路御所とも言う。

落ち着きのある空間でのひと時は、非日常の世界に浸れる。
維持管理に要する手間暇と心遣いに心から感謝申し上げます。
  1. 2018/01/10(水) 18:00:05|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<武蔵国分寺跡周辺@東京都国分寺市 | ホーム | 「大佛茶廊」オーナー 野尻 芳英さん@鎌倉市雪ノ下1-11-22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2777-d83d2eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する