FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

山翠の鮟鱇鍋@ 水戸市泉町2-2-40

山翠の鮟鱇鍋@ 水戸市泉町2-2-40

san7.jpg


魚屋の店先に吊るし切りされた鮟鱇の骨が寒風に揺らいでいる。
は冬の水戸の風物詩だった。

ぐにゃぐにゃした魚体を裁くにはまな板では無理で、口から大量の水を注ぎこみ安定させて吊るし切りすると、骨だけが残るのだ。

友人から「鮟鱇でも食べましょう」とのお誘いで水戸市泉町の「山翠」に。
この店の看板に「元祖」の文字があるが、確かに「鍋」で食べさせるようにしたのはこの店が初めてかもしれない。
それまでは「釜めし」が売り物の店だったが、いつの間にか見事に変身した。

暫くぶりに訪ねたら、内装などが変わって今風になっていた。
訊くと10年前に改装したとのこと。

日曜日とあって、観光客も多い感じで、ほぼ満席。

外来のお客さんに、このような店の存在は重要で、店主の努力に感謝

san6.jpg

san3.jpg


川又南岳さんの、書作品が沢山飾られている。
川又さんの作品は通常の書家の作品とは異なり、読める字を書いてくれていることが有難い。
読めない字を書かれても、意味が通じなければ価値がない。

san5.jpg

san2.jpg


床の間には小澤理史さんの作品が、


san1.jpg


俗に「鮟鱇の七つ道具」と言って可食部分の肉・肝・水袋(胃)・ぬの(卵巣)・えら・ひれ・皮をいう。
骨以外、捨てるところがないむだのない魚といわれる。


san4.jpg


身や野菜を食べたたとは定番の雑炊に。


●茨城と福島の県境では「どぶ汁」と称して、肝を乾煎りして部位を投入し水を加えず、身から出た水分で鍋にする船頭料理が主流。
水戸近辺では「供酢}(トモズ)と言って部位を湯がいて、肝を乾煎りし、味噌と酢を混ぜた祖、酢味噌を付けて食するの普通だ。
近年、{鍋」にする食べ方が広まって、「供酢}を供する魚屋も少なくなった。

何れにしても、鮟鱇も高価となって、口にする機会が少なくなった。
  1. 2017/12/25(月) 17:11:32|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鮟鱇の供酢@山大(水戸市南町3-2-11) | ホーム | Pre Christmas "フユサイ"@biotope店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2771-c326b7f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する