よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

シリアの話@水戸市国際交流センター

シリアの話@水戸市国際交流センター

sy1_20171101174058e2d.jpg


水戸市備前町の水戸市国際交流協会では国際交流に関する多くの催しが開催される。協会が主催する他に関連団体の企画も多い。

sy6.jpg

10月29日(日)13:30~16:00、メサフレンドシップ主催の「ナヘード・アルメリさんが語る~シリアの豊かな歴史・文化・自然そして人々の生活~」
が開かれた。

「メサフレンドシップ」は、茨城県水戸市をベースとして県内で活動を展開している国際交流のボランティアグループ。
英語によるディスカッション/各国からのゲストアワー/各国料理教室/
日本語学習を希望する外国人への日本語指導支援など幅広い活動を展開している。

sy4.jpg

sy3.jpg


ゲストのナヘード・アルメリさんはダマスカス大学にて日本語を学び2011年に来日。筑波大学大学院に在学中、文学を通して歴史や文化を学びたいと考えており、大正時代の文学者「金子みすゞ」をテーマとしているとのこと。

sy5.jpg

シリアは、中東・西アジアの共和制国家。


北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。

古代都市ボスラ・パルミラ遺跡 ・古代都市アレッポなど、ユネスコの世界遺産のリストに登録されているシリア国内の文化・自然遺産。
2013年に、シリア情勢の緊迫化などを理由にその時点で登録されていた6件の世界遺産すべてが危機にさらされている世界遺産(危機遺産)リストに加えられた。

イスラム教徒86%、キリスト教徒13・5%、その他がユダヤ教徒など。
アラビア語は28文字、地方によって異なるにしてもアラビア語が世界中で通用するらしい。
食事はパンの様なものとオリーブが主なものらしい。

内戦状態でかなり危険と思うが、さほどでもないという話には驚いた。

詩や歌など文学を好む民族で、家族が集まれば詩を朗読し歌を唄うとか。

sy7.jpg

講演の後の懇親会、
メサフレンドの会員が手作りしたシリアのお菓子「バスブーザ」がふるまわれた。ココナツミルク風味のケーキだった。


まるで縁のない中東の世界、いくらか理解が深まったが未知の世界だ。

『世界でもっとも夕陽が美しい』とも言われるパルミラ遺跡。
ローマ帝国支配時の都市遺跡で、その名前もギリシャ語でナツメヤシを意味する「パルマ」からとられたと言われる。


  1. 2017/11/01(水) 17:48:26|
  2. 講演会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「わたしの小屋を創る」展@奥田製陶所・桧佐陶工房周辺 | ホーム | 随神門神像@常陸国総社宮【Tabi-ぶらin真壁&石岡】・其の5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2742-3b21335a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する