よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

随神門神像@常陸国総社宮【Tabi-ぶらin真壁&石岡】・其の5

随神門神像@常陸国総社宮【Tabi-ぶらin真壁&石岡】・其の5

so1-3.jpg

古仏修復師・飯泉太子宗さんが平成24年(2012)に修復された随神像を拝観に石岡市の常陸国総社宮に。

so1.jpg

随神門と随神像。
随神門の両袖、向かって右側に左大臣、向かって左側に右大臣の随神像。

随神門は寛永4年(1627)に再建されたもので、総社宮で残っている建造物では一番古い。

「隋身像(左大臣・右大臣)」
延宝8年(1680)大仏師寂幻作

この日は雨の上に、夕方となってしまい門の袖に安置されている神像はほとんど見えなかった。
ライトを当てて僅かにみることが出来た。
修復時に古色仕上げという技法が使用されている。

so3.jpg

左大臣86.0cm。

so4.jpg

右大臣84.5cm。

so1-1.jpg

案内してくださった常陸國総社宮の禰宜の石崎 貴比古さん。


so1-2.jpg


「随神門」の前で記念撮影。

古仏修復師・飯泉太子宗さんの修復工房、修復された菖蒲沢薬師堂の「薬師像」。
常陸國総社宮の「隋身像(左大臣・右大臣)」を巡った今回の【Tabi-ぶらin真壁&石岡】は多くの人たちに支えられて、存続していることがよく分かった。
寺社仏閣・博物館・美術館などの仏像や神像は全て、修復の繰り返しによって現状に至っている。

(写真の一部は「旅ブラ」会員の皆様のfb掲載から引用させて頂きました。)

  1. 2017/10/31(火) 23:24:10|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリアの話@水戸市国際交流センター | ホーム | 焚き火師・矢部英雄さん【Tabi-ぶらin真壁&石岡】・其の4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2741-c9c718ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する