よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

賣茶翁の水羊羹 @仙台市青葉区春日町

賣茶翁の水羊羹 @仙台市青葉区春日町

ba1.jpg


初めての八戸だったが「ビストロ ポ・デタン」の三浦祐紀さんと再会し、食事が出来た。翌日は水戸に戻るのだが仙台市博物館の「空海と高野山の至宝」展を観ようと仙台で下車。
駅前で「ダテバイク」と云う貸自転車システムで電動自転車をレンタル。


仙台市博物館に向かう手前、桜か丘公園の近くに黒の板塀に囲まれた、老舗の和菓子店「賣茶翁」が在る。
看板商品の『みち乃くせんべい』が有名だが、各種の和菓子が揃っている。
出店なし、通販・ネット無し、電話番号も掲載しない。
今の時代に逆らった営業方針は魅力だ。

ba1-3.jpg

点心の看板。
禅語に由来するのだろうが、菓子や軽食など。

ba1-2.jpg

玄関わきに石仏。

売り場の奥の座敷で、買い上げのお菓子を食べることが出来る。
抹茶もあるが、ほうじ茶は無料。

狭い座敷だから、席が空いているとは限らない。
運よく座れた。

ba2.jpg

床の間。

ba2-1.jpg

香炉は煎茶を燻す。

ba3.jpg

青梅の水羊羹、爽やかな味と香り。

●店名の由来となったのが売茶翁(ばいさおう) (1675―1763)
自ら茶道具を担い、京の大通りに喫茶店のような簡素な席を設け、禅道と世俗の融解した話を客にしながら煎茶を出し、茶を喫しながら問答したという。

ba-4.jpg

茶翁像(部分)若冲筆 絹本著色

同じ路地に亀田窮楽(かめだ きゅうらく)と云う人が在り、酒樽を抱えていたというほどの飲み手だが、売茶翁との交流が在ったという話を『近世奇人伝』が伝えている。
  1. 2017/08/13(日) 16:40:29|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「空海と高野山の至宝展」@仙台市博物館 | ホーム | ビストロ ポ・デタン(Bistrot Pot d'Etain)@八戸市番町2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2667-2f29f8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する