よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

宮沢賢治記念館@花巻市胡四王山

宮沢賢治記念館@花巻市胡四王山
夏の《みちのく》へ、其の二


my2.jpg


眞壁明吉良さんの車に同乗し、盛岡のフランス料理手・シェジャニーを訪れる旅の途中、花巻には「宮沢賢治記念館」が在るので立ち寄ることをお願いした。
何度か岩手県を訪れながら、石川啄木や宮沢賢治の跡をたどる機会が無かった。

my1.jpg

my4.jpg

記念館は花巻インターから約20分の距離で、花巻市内を見渡す胡四王山に在った。

my3.jpg

昭和57年(1982年)に開館した宮沢賢治記念館。

my5.jpg

最近、展示空間をリニューアルしたとのこと。

宮沢賢治(1896-1933)は『雨ニモマケズ風ニモマケズ』の詩人、『注文の多い料理店』の童話作家、と云うことくらいしか、知らなかった。

とんでもない話で、農芸化学者・農村青年指導者・法華経信仰の宗教家などなど、全人思想の持ち主で宇宙空間にまで考えが及んでいる。

『世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえない』と考えていた。
37年間の短い生涯であったが、没後に次々と発見された草稿は膨大で評価は高まるばかりだ。

宮沢家は県内でも有数の商家で現在も盛業のようだ。
生前の全人的な思想と活動は“おぼっちゃんのお遊び”と冷笑され、なかなか理解されなかった。

恥ずかしながら、今まで賢治の本を読んだことが無かった。
帰宅してから『銀河鉄道の夜』(集英社文庫)を購入し読んでいる。
「やまなし」「いちょうの実」「よだかの星」「ひかりの」素足」「風の又三郎」『銀河鉄道の夜』が収録されている。
全部は読み終えず、巻末の解説や年表などから読み始めているが、業績の奥行きの豊かさ、諸活動の幅の広さに驚かされる。

没後84年、今読んでも古さを感じさせない文体。
方言を生かした書き方をしている部分もあるが、とても読みやすい。
とは言え、万物霊魂のアミニズム、万物照応の宇宙感覚を予感させるところもあるらしく、理解するには難しい点も有りそうだ。

旅に出ると学ぶことが、沢山出てくる。
今まで読んだ本も少なく、考えることもしなかったが、旅は多くを学ぶきっかけとなるのが嬉しい。

  1. 2017/08/03(木) 19:30:47|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新渡戸記念館・花巻@花巻市高松9-21 | ホーム | 夏の《みちのく》へ・其の壱「サマータイム・ブルース」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2657-fd079bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する