よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

山上鎮夫さんの世界《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その3》

山上鎮夫さんの世界《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その3》

yg1.jpg


yg2.jpg

yg3.jpg

yg4.jpg


今回のTabi-ぶら「御前山、聴水庵あたり:自然を愛でて、美を愛でて」は棚田を巡りで里山の風景を眺め、梅原尚美さんの点てたお茶を戴きながら、山上鎮夫さんの描かれた水墨画を通して、自然を愛した山上さんの世界を多くの方に知ってもらいたい。と山本さんが僕に話す機会を与えてくれた。

お茶を戴きながらの短い時間では充分ではなかったが、那珂川に岬状に張り出した川番所跡の「聴水庵」流れを見おろし、対岸の雨に煙る山々は正に山上さんお世界で、説明の必要も無い場所だった。

山上鎮夫(1897-1993)さんの略歴を紹介。
眼科医で骨董・古美術収集家として知られたが、クラッシク音楽の愛好家、山歩きを好み、絵を描き、俳句や陶芸にも親しんだ。

自然を愛し、山川を題材とした絵も良く描いた。

津山藩の藩医の子孫で、藤田嗣治は母方の従兄弟と言う血筋も影響していたのかもしれない。85歳頃にピアノを購入、独学で即興演奏を楽しむ多才な粋人であった。

yg15.jpg

コレクションの写真集・私家版『古陶小集』のページから。

yg20.jpg

別冊太陽『101人の古美術』平凡社・1998年、にも掲載されている。

yg17.jpg

手紙や新聞記事など。

yg12.jpg

奥の埴輪は山上さんの手作り。
古代の風格が感じられる。

yg13.jpg

yg14.jpg

絵画展を開いた際の図録。

yg5.jpg



yg6.jpg


yg7.jpg


yg8.jpg


yg9.jpg


yg10.jpg

yg11.jpg


絵を観ながら、それぞれの感想を話し見解を述べる愉しいひと時でした。

yg16.jpg

yg18.jpg

yg19.jpg


気に入った作品はお持ち帰りいただき、後日、各自が額装されて飾られるようにお願い致しました。

画を希望の方がいらっしゃいますれば、高橋までご連絡ください。


これらの写真は中川 宗右衛門さん、久保田 直子さん、山本 哲士さん、梅原 尚美さん、栗田 健史さん、撮影の写真が含まれています。

  1. 2017/05/25(木) 13:09:26|
  2. 山上鎮夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コズミック カフェ(Cosmic Cafe)オープン @水戸市南町2-1-28 | ホーム | 聴水庵で抹茶を《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その2》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2639-50feb3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する