よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

聴水庵で抹茶を《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その2》

聴水庵で抹茶を《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その2》

ch5-1.jpg

ch4.jpg



雨に煙る棚田の散策を終え、川番所「聴水庵」の塙さん宅の蔵の2階座敷。

ch3.jpg


和泉特製 「初夏御膳お弁」 那珂川もくず蟹の蟹汁を戴く。
モクズガニの味噌汁はこの時期しか味わうことが出来ない。

ch1-1.jpg

昼食の後は、佐竹氏由来の長倉城址にある蒼泉寺へ。
現在は通る機会のない「長倉宿」の一番奥。
この様なところが在ると知らなかったから驚いたが「Tabi-ぶら」では度々未知なることや場を体験する。

ch1.jpg

ch2.jpg

本堂の板戸と格天井に描かれた「津村雨林」の素晴らしい絵。
各々の座敷と絵の説明は、山本さんならでの薀蓄に感心。

ch5-2.jpg

ch6.jpg


再び聴水庵に戻り、梅原 尚美さんによる「茶会」。

ch11.jpg


蔵を改装した造りの「聴水庵」の眼の前は那珂川。

ch12.jpg


対岸の山が煙って、正に幽玄な趣だが山上さんが描く水墨画の世界と同じだ。

ch9.jpg


聴水庵の井戸水を沸かし、御前山の土で作った茶碗で茶を点てる。

ch7.jpg

ch10.jpg


御前山の土で焼いた水指・茶碗などは、御前山在住の陶芸家・菊地弘先生作。

ch6-1.jpg


お菓子は「菖蒲餅」


ch8.jpg

正式な茶会、と言うに程遠いだろうが、梅原 尚美さんが心を込めて点てた抹茶を美味しく頂いた。


これらの写真は中川 宗右衛門さん、久保田 直子さん、山本 哲士さん、梅原 尚美さん、栗田 健史さん、などの撮影の写真が含まれています。

  1. 2017/05/24(水) 20:32:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<山上鎮夫さんの世界《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その3》 | ホーム | 茂木の棚田《Tabi-ぶらin常陸大宮辺り・その1》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2638-5920f204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する