よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「東慶寺・仏像展2017」@東慶寺・松ヶ岡宝蔵

「東慶寺・仏像展2017」@東慶寺・松ヶ岡宝蔵
2月4日~4月16日


t5_201704142320361b4.jpg

t1_201704142320407dc.jpg


「駆け込み寺」としてしられる東慶寺は女人救済の尼寺として明治に至るまでの600年間、縁切り寺法を守ってきた。

明治38年(1905)釈宗演(1859年-1919年)が住職となって、禅の道場に変わった。釈宗演の弟子にあたる鈴木大拙(1870年-1966年)は禅を世界的に広めた功労者として著名である。
昭和16年(1941)に住持した井上禅定は鈴木大拙の収集した仏教書や寺伝来の 離縁状など縁切り文書を収めた「松ヶ岡文庫」を寺内に創立した。

文庫はその後「松岡宝蔵」と拡充されて公開されているが、年に一度の特別展が2月4日~4月16日まで松岡宝蔵にて開催されている。

t9_201704142320328ce.jpg

宝蔵の入り口。

t8_2017041423203347d.jpg

「水月観音菩薩半跏像」

通常は「水月堂」に安置され通常は公開されず、申込みによる拝観のみ。
特別展の期間中は「松岡宝蔵」に出陳。
像高わずか34cmの観音さまだが、鎌倉一の美しい仏様と言われている。

t2_2017041423203951a.jpg


通常の「水月堂」祭壇。
中央の円窓に鎌倉時代の「水月観音」。
左に「南無仏太子」(聖徳太子の二歳像)。
右に「誕生仏」(後藤清一作)
額は鈴木大拙の書。

今季の特別展では「松岡宝蔵」内に3体が別々に。

t3_20170414232038d89.jpg


「南無仏太子」

t4_20170414232037761.jpg


後藤清一作「誕生仏」
昭和16年の作だが、微笑をたたえた童顔の面相は白鳳時代を思わせる。

t11.jpg

新薬師寺の「香薬師如来立像」
何度か盗難にあい戻ったが、昭和18年に盗まれてから行方は分からない。
佐々木茂索が、「香薬師如来立像」の“石膏型”を所持していた。
現物から石膏型採りしたのか、ともかく本物と変わらぬ出来ばえで、それを基に復刻された像。

t7_201704142320347f3.jpg

本堂前の「宝塔」と枝垂れ桜。

t6_20170414232035503.jpg


「本堂」

t10.jpg


花に囲まれた誕生仏。
本年、4月8日の「灌仏会」花に囲まれた誕生仏(東慶寺のHPより)
  1. 2017/04/14(金) 23:28:44|
  2. 後藤清一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧白洲邸 武相荘・其の壱@東京都町田市能ヶ谷 | ホーム | 柳は緑、花は紅@千波湖周辺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2622-c78a9039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する