よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展@茨城県近代美術館

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展@茨城県近代美術館
明日(4月2日)まで


h5_20170401091947774.jpg

h6_201704010919461c8.jpg


1階の常設展示場を特別展の会場に。

h7_2017040109194442e.jpg


唐招提寺境内の「御影堂」は「鑑真和上坐像」を奉じる仏殿で通常は非公開。

元は、興福寺の別当坊だった一乗院宸殿の遺構で、明治以降は県庁や奈良地方裁判所の庁舎として使われたものを昭和39年(1964)に唐招提寺に移築復元し御影堂としたもの。
移築・復元に際し東山魁夷が10年の歳月をかけて障壁画全68面を描かれた。

平成27年(2015)から「御影堂」の大修理事業が始まって「鑑真和上坐像」は新宝蔵に遷座した。

h4_20170401091948778.jpg

改修工事に伴い、障壁画全68面を移動することになり茨城県近代美術館で公開する貴重な機会となった。

1階の常設展示場を特別展の会場の内部、柱や梁など本物の様に見える。
間接照明は作品を浮き上がらせる幻想的。

h1_20170401091951c3f.jpg

唐招提寺御影堂障壁画 山雲(部分)
昭和50年 唐招提寺蔵

h2_2017040109195097e.jpg

唐招提寺御影堂障壁画 濤声(部分) 昭和50年 唐招提寺蔵

h3_20170401091948e94.jpg


唐招提寺御影堂障壁画 揚州薫風(部分) 昭和55年 唐招提寺蔵

第2室には
障壁画を描くにあたって、日本と中国各地を巡り取材を重ねたスケッチや下図、試作を紹介し、完成にいたる制作過程を偲ぶことが出来る。

東山魁夷の渾身の作、と云うべき執念を感じた。
  1. 2017/04/01(土) 09:24:06|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寒い中お疲れ様でした@ケーズデンキスタジアム水戸 | ホーム | 「高校生ウィーク2017」カフェは5月14日まで延長@水戸芸術館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2616-734c2c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する