よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

木原城址「Tabi-ぶら in 美浦村」其の6

木原城址「Tabi-ぶら in 美浦村」其の6
「木原の城跡の土塁と堀&霞ヶ浦眺望」
木原城山公園@稲敷郡美浦村木原1665


k2_201703161456169fc.jpg


霞ヶ浦南岸の城址は、三曲輪、二曲輪、詰曲輪(本丸)と奥に行くに従って標高が低くなる。北は霞ヶ浦に連なる湿地帯や池となり、南側には堀や土塁などが配され、厳重な防衛線を持つ城跡。
いつ、誰が築いたか定かではないが、一説には戦国時代末期、江戸崎城主・土岐氏の家来、近藤氏の築城と伝えられる。

k7_20170316145610bea.jpg

平成5・6年の発掘調査では、堀や土塁、15世紀の猿投の陶器、観音像など、歴史をひも解く貴重な発見が相次ぎ、かなりの豪族と推測される。


k4_201703161456150c6.jpg

展望台から見晴らしは絶景。

k6_201703161456123b6.jpg


筑波や土浦の市内を望むことが出来る。

k5_201703161456138c0.jpg


土塁の紅い藪椿が風に揺れていた。

写真を撮れなかったが、深い壕も見事だった。
壕の下から眺める遊歩道を作れば、かなりの名所になりえる。

k1_20170316145618054.jpg

成田へ着陸する飛行機はこの城址の上空で直角に近く曲がる。
従って近づいてさらに方向を変える長い時間を見ることが出来る。
着陸態勢に入る低空飛行ゆえに機体が良く見える。

同行した鈴木靖さんは「《フライトレーダー24》のアプリで見れば、航空会社・機種・発着地・予定時間まで分かりますと」とスマホを起動、2~3分おきに飛来する飛行機の情報が全て記されていた。

これを見ながら、空を見上げれば1日中でも見飽きない。
驚くべき時代だ。

木原城山公園を持って、この日の行程が完了。
山本さんはじめ旅ブラの素晴らしい仲間と元美浦村村長・市川紀行さん等の「陸平よいしょの会」の皆様方の心からのおもてなしに感謝。
有難うございました。


  1. 2017/03/16(木) 15:01:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「水戸路上観察・街なか」展示 其の2 | ホーム | 名古屋グランパス戦@パロマ瑞穂スタジアム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2602-b998afbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する