よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

大佛次郎を歩く其の2・大佛茶廊@鎌倉市雪の下 1-11-22

大佛茶廊@鎌倉市雪の下 1-11-22
大佛次郎を歩く其の2


o4_20170309003755b8b.jpg


大佛茶廊の建物は大正8年に建築された茅葺き屋根の数寄屋造り。
鎌倉市の文化財指定されている。


茅葺屋根は材料の「萱」をとるのも難しく職人さんも少ない。
後藤清一さんのご自宅も茅葺屋根だったが補修の職人が少なく、苦労した話を伺ったことが有る。
鎌倉はお寺さんも多いし、茅葺の技術は伝承されているだろうが保存には大きな労力を要するので、茅葺民家の維持管理は難しそうだ。

大佛茶廊の庭園は樹木も多種多様で、大佛次郎の趣味の良さが窺える。
これだけの庭木の維持管理も手間がかかりそうだ。

紅梅は既に散り。

o5_20170309003754b39.jpg


三椏(ミツマタ)が今を盛りと咲いていた。

o6_20170309003753261.jpg


奥はサンシュ、で手前の花はマンサク。

o7_20170309003751024.jpg

藤棚もあり、5月頃は素晴らしいでしょう。

o9_20170309003748b53.jpg

池の石橋、池に水はありませんでした。

o1_20170309003758804.jpg

備前の器に菜の花が。

o10_20170309003746463.jpg


メニューは座敷と庭園で価格が異なりますが、


o2_20170309003757a0c.jpg

せっかくの機会なので、鎌倉ビールのブラウンエールを。

次の機会には、コーヒー或いは抹茶、シャンパーンも飲んでみたい。


開店間もない時間に入店したので、お手すきの時間にご主人にお目に掛かることが出来ないかと、係りの方にお願いした。

o3_2017030900375659a.jpg

待つこと暫し、オーナーの野尻 芳英(のじりよしふさ)さん登場。
噂通りのお洒落な紳士で、初対面ながら気軽に話してくださった。

パリにも何度も出かけられておられる様で、話は尽きない感じであったが、お時間を沢山頂戴するのも申し訳なく1時間位で辞した。

o8_2017030900375070d.jpg

桜の木も何本か有る。
3月下旬、花の頃に是非ともお伺したいと思った。

  1. 2017/03/09(木) 00:42:50|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大佛次郎を歩く其の3/寿福金剛禅寺 | ホーム | 大佛茶廊(大佛次郎別邸)@鎌倉市雪の下 1-11-22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2595-03909b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する