よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

美浦村文化財センター(別称 陸平研究所) 「Tabi-ぶら in 美浦村」其の3

美浦村文化財センター(別称 陸平研究所)
「Tabi-ぶら in 美浦村」其の3


o2 (4)

o2 (3)


美浦村への「旅ブラ」今回のメインは「陸平貝塚」だ。

Wikipediaには《「陸平貝塚」は1879年(明治12年)当時、東京大学生でエドワード・S・モースに学んだ佐々木忠次郎、飯島魁によって日本人で初めて発掘調査が行われた遺跡であり「日本考古学の原点」と称され、考古学史の観点からも重要な遺跡である。》とあるように。縄文文化に興味があれば一度は訪ねたい場所なのだ。

今回の旅ブラで、念願がかなったのは嬉しい。

o1_201702281733325d9.jpg

「美浦村文化財センター」で集合写真。
元美浦村村長・市川紀行氏は「陸平貝塚の保存と活用」に長い間尽力されている。今回の企画に大いなる協力を戴いた。(後列の左から2番目)
陸平貝塚などの遺跡から出土した遺物の収蔵・整理施設であったプレハブ小屋に「陸平研究所」という看板が掲げられたのが「美浦村文化財センター」の前身で、現施設は2004(平成16)年にオープンした。

陸平貝塚は霞ヶ浦南岸の標高20~30mの独立した台地に、縄文時代早期から晩期までに形成された大規模な遺跡。

o2 (2)

貝はハマグリを主体としてシオフキ、オキシジミなど、魚骨ではクロダイ、スズキ、獣骨ではイノシシ、シカなどが検出されている。
道具類としては、土器以外に石皿、石鏃(せきぞく)、磨製石斧、骨角器、石錘(せきすい)など多様な出土物があり、様々な海や山の幸を食料としていたことがわかる。

o2 (5)

明治時代の発掘時の調査報告や出土した土器の模造品が展示されている。

o3 (2)

o4_201702281739332af.jpg

o3_20170228173935920.jpg

双口土器は珍しい。

o7.jpg


o6_201702281739324aa.jpg

o12.jpg


猿投窯の灰釉陶器(平安時代・9世紀)
信太入子台遺跡(シダイリコダイイセキ)、美浦トレーニングセンター乗馬苑建設時の発掘調査で出土。現在の愛知県北部で焼かれた蔵骨器だか端正な形で、かなり身分の高い人のためであろう。

o7 (2)

木原城址より出土した「十一面観音像」鎌倉時代。
高さ5センチ足らずの小さな像で鍍金が良く残っている。
武士が身に着け、お守りとしたものであろうか。

  1. 2017/02/28(火) 17:48:46|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カピアンコーヒー千波店-@水戸市千波町376 | ホーム | 妙香寺の薬師如来@美浦村土浦 「Tabi-ぶら in 美浦村」其の2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2586-c58eb994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する