よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

偕楽園は「一張一弛(いっちょういっし)」

偕楽園は「一張一弛(いっちょういっし)」
ブラタモリ#61水戸編、其の四


b1-1.jpg


2月17日からの3日間「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin水戸」と云う鳴り物入りの催事があった。
18日(土)から3月末まで「水戸の梅まつり」が開催される時期でもあり、週末の水戸市内は日頃より人通りも多かったようだ。

今回の企画は実行委員と講師に著名な経済人・文化人が並び、茨城県や水戸市も参加した官民一体の大プロジェクトだった。

運営には県や水戸市の職員が多く携わり、多数のボランテアも加わったようで、
知り合いには大忙しの方もおられたようで「御苦労さまでした」

著名人が講師として多数参加されたが、手弁当で地方文化振興のボランテア、とも思えず「地方巡業」の営業と推測した。
とは言え、内容は講師と受講者の熱意、発信者・受信者の響き合いに帰結する。

その様な状況を思うと、今回は気乗りしなく、他の予定もありプレ企画のシンポジュウムに出席したのみで、講座に出席する機会はなかった。

受講者で「感激した」と云う方も多いので、それなりの成功なのでは、と好意的に見てはいるが、成果は受講された皆様がこれからの暮らしに活かせるかどうかに掛かっている。

さて、「ブラタモリ」の場組拝見の感想文は最終回。

b1 (2)

b1_20170220174408e8c.jpg

偕楽園は「一張一弛(いっちょういっし)」弘道館での学びの緊張のあとの精神の安らぎをテーマとして作られている教育施設だった、と案内人。

●「偕楽園記」の碑に趣意が述べられていることに基づく。
第九代水戸藩主徳川斉昭公は、天保12年(1841)から13年にかけて偕楽園を造成したが、碑はそれに先立つ天保10年に建てられ、園を造る趣旨を公示した。

本文は大きく前段と後段に分かれ、
前段は、天地自然の間に厳存する陰と陽の相反するものの調和によって、万物は健全育成するという原理に基づく。人間もまた身体の保全をはかり、あわせて他の生物と異なる特性の修養につとめよと説いている。
後段は前段の屈伸緩急の理論を実行する場として、学び勤めかつ遊ぶという勉励と休養のバランスを常に心がける者こそわれと偕に楽しむ資格あり、として「偕楽園」と命名した真意を示している。

二代藩主・徳川光圀公は特に学問を大事にし、歴史編纂の「彰考館」を作った。
九代・徳川斉昭公は藩校「弘道館」を創設し、学びの後の休養の場として「偕楽園」を設けた。
弘道館と偕楽園は1双の施設だった。

b2_20170220174406b3e.jpg


表門~竹林~好文亭~梅林と廻ったが、大名庭園につきものの「池」がないのは、近くにもともとある「千波湖」を池と見立てたからだという。

●江戸小石川の「後楽園」は大名庭園だが「偕楽園」は大名庭園ではなく、弘道館の付属で、戦乱が予想される状況に対応の「西方の砦・物見、梅林による兵糧供給」と考えるべきと思っている。
1年足らずで作った「偕楽園は」高松の栗林公園・岡山の後楽園・金沢の兼六園のような大名庭園とは比較できない
しかし、作庭の心は中国の西湖や水戸藩駒込邸からの不忍の池を眺めた景観に倣っている。

b3_20170220174405c32.jpg

「この借景も水戸藩のあるものを生かす精神」とコメントだが、借景によって成り立っている庭園は多い。

b4_201702201744491d1.jpg


全ては水戸藩二代藩主光圀公「水戸黄門」から始まった。
「偉い人です」が締めの言葉、そのとおりです。

先達の「あるものを大切にする」精神が、大型プロジェクト目白押しの今日、特に必要とされている。

  1. 2017/02/20(月) 17:52:13|
  2. テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伝わる声のつくり方(+ちょっと演劇) | ホーム | EATABLE CITY 水戸@泉町会館 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2579-11aed33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する