よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

笠原水道・弘道館 ブラタモリ#61水戸編、其の参

笠原水道・弘道館 ブラタモリ#61水戸編、其の参

b1_20170217175903fcc.jpg


笠原水道に使用された石の産地を探してやってきたのは、備前町先の崖下。
線路沿いに多数の洞穴が在る。


b2_201702171759019d6.jpg

常磐線の「スーパー・ひたち」が通過。

この洞穴こそが、岩樋の採石場。
通常は入れないが、特別の許可を得て内部に。


●この洞穴は古代人の住居跡・水戸城に通じる隠し通路とか言われるが、笠原水道の採石跡で、僕が子供の頃は自由に出入りできた。
太平洋戦争の後、乞食の住居として使用されたことが有り、入り口をコンクリートで塞いだ所もある。
*このどれかに「ヒカリモ」が生息している。
ヒカリモ(光藻)は、日本各地の水のきれいな洞窟や池に生息する藻類で、暗所で光を反射させることで黄金色に光って見える。

b3_20170217175859a98.jpg

江戸時代に採掘したノミの跡が今も残っている。

b4_2017021717585748b.jpg


石は「凝灰質泥岩=火山灰を含む海底の泥が固まったもの)」。

b5_20170217175856786.jpg

軽くて運びやすく湿地帯に沈下しない、とても都合が良い石だった。
「あるものを有効活用」が水戸藩の信条。

b6_20170217175804549.jpg

水戸の町を支える岩盤なので、崩れないよう間口は狭いが奥行きが30m位。

b7_20170217175802598.jpg

当時の工事の再現アニメ。

●軽い石で剥がれやすく加工がしやすく。1人が持ち運びできる大きさで30キロ位に切り出す。置いても沈み込まず耐水性もある。採掘現場から工事現場まで目と鼻の先位の距離。近場でこの様な石を見つけられたのか?
山師(鉱山学に詳しい人物}が差配詩tのだろう。との見解を水戸マニアの会「笠原水道・龍の道ウォーキング」で西原昇治さんから聞いた。(西原さんはブラタモのアドバイザーとして番組に名前も載っている)
更に、工区も分けて同時進行したので1年と云う短期間で完成したのであろうとも話された。西原さんは「水と地質」の専門家で、理論でなく現場で得た観測データと作業に裏付けられた見方は的確だ。

b8_20170217175800e8a.jpg


第9代藩主徳川斉昭が天保12年(1841)創設した。
日本最大規模の藩校「弘道館」に。


『梅まつりの四日間しか表門は開くことはないが、今回は特別に開扉、』と説明されていたが。
●僕が水戸二中に通学していた頃は常時開かれていたし、弘道館の濡れ縁で昼寝も出来たのだ。

b9_20170217175758f33.jpg

b10_20170217175757a6b.jpg


弘道館の展示室に「大日本史」を見る。

b11_2017021717570306b.jpg

徳川光圀が編纂を始めた歴史書で、初代から100代までの天皇の治世を記した402巻。
編纂には250年の月日が掛かり明治まで続いた。


b12_20170217175701592.jpg

資料集めに藩士の彰考館職員が全国に出向いたのが、光圀の「黄門様の全国行脚」になったのであろう。

全国の藩校の教科書にも採用された。

b13_201702171757005ec.jpg

弘道館正庁には徳川斉昭の「弘道館記」の拓本。
光圀の業績を讃へ、その結果として弘道館を設立した。との意。


b14_20170217175658637.jpg

徳川斉昭(烈公)が弘道館を設立と同時期の天保13(1842)年に開設した偕楽園の表門に。

●現在は東門から入る人たちが多いが、東門は1874年に園の一部に常磐神社が創建されてからの通用門。

b15_20170217175657023.jpg


門を入って竹林・杉林の「陰」の世界を抜けて好文亭に至り、南面する梅林の「陽」の世界を観るのが正しい方法。と云うように案内人は話された。





  1. 2017/02/17(金) 18:12:56|
  2. テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EATABLE CITY 水戸@泉町会館 | ホーム | 「みと・まち・情報館」@水戸市南町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2577-5948f91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する