よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

イカㇻカㇻ -アイヌ刺繍の世界-@茨城県立歴史館

イカㇻカㇻ -アイヌ刺繍の世界-@茨城県立歴史館
2月4日~3月20日


1アイヌ

2アイヌ


昨日は早朝から雪で15cmくらい積もったが、後に雨と成り、殆どの雪は溶けてしまった。
3年前も雪が降ったとか、立春を過ぎて本格的な寒さとなり、時には雪が舞うのもこの辺りの常なこと。
梅の花も咲き初め「水戸の梅祭り」は2月18日(土)から始まる。

「梅祭り」に合わせ、偕楽園の近くの茨城県立歴史館では様々な企画展を催してきた。

3アイヌ

今年度は「イカㇻカㇻ -アイヌ刺繍の世界-」展

北海道の先住民族、アイヌに関して知る機会はとても少ない。
本特別展は,公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構と茨城県立歴史館との共催による巡回展でアイヌ文化に触れ、理解する絶好の機会と思う。

水戸藩と北方の関連では、二代藩主の徳川光圀は他藩に先駆け、長さ50mに及ぶ巨船『快風丸』を建造し、3度に渡り派遣して調査と交易をしている。
光圀は「大日本史」における修史事業と共に、蝦夷地に対する重要性の認識していたのは、先見の明があった。
9代藩主の斉昭もまた蝦夷地の調査に藩士を派遣している。

この辺りの事情は知らないことばかり、この機会に何度か足を運んで理解を深めたいと思っている。

「イカㇻカㇻ」はアイヌ語で「刺繍されたもの」の意味と云う。
曲線を用いた文様が特徴だが、作り手独自の感覚で造形されるから似てはいるが同じものはない。

刺繍の施された樹皮や木綿のアットゥシのほか、首飾りや帯、手袋など、18世紀から現代までの服飾を中心に展示されている。

4アイヌ

中国服の影響の強い物もある。

8アイヌ

現在の常陸太田市出身の木村 謙次(1752年〈宝暦2年〉―1811年〈文化8年〉
は寛政5年水戸藩の内命をうけて蝦夷地沿岸を踏査。
10年には下野源助の変名で,近藤重蔵の国後・択捉島探検にしたがった。

6アイヌ

現地で蒐集したこの展示品が、現存するアットゥシで最古とされる。

紀州徳川家の蒐集品と云われる魚皮・樹皮繊維・草皮繊維のアットゥシも展示されている。
紀州家のコレクションは東博に寄贈され、アイヌ文物の主力を成している。

5アイヌ

9アイヌ

和人から入ってきた和服の生地を着物や襟、切伏(布を文様にして縫いつけていく)などの色柄あわせたもの等、約40点が展示されている。
この部分が、今回の展示のメインと云える。

マエタレ(前掛け)の各種。


カンムリと云うか帽子・鉢巻の様なもの

10アイヌ


7アイヌ


耳飾り、首飾り、腰飾り、手袋や小物入れなども。

伊能忠敬と間宮林蔵の師弟関係。

伊能忠敬(1745~1818) 江戸後期の測量家・地理学者。高橋至時に西洋暦法・測量技術を学び、幕命で蝦夷地をはじめ、全国の沿岸測量に従事。日本最初の実測図「大日本沿海輿地全図」を完成。

間宮林蔵(1780~1844)江戸後期の探検家。現・常陸太田の出身。
伊能忠敬らに測量術を学び、幕命により樺太を調査。さらに海峡を渡って黒竜江下流を探検し、樺太が島であることを確認した。

国宝「伊能忠敬測量図下図」(伊能忠敬記念館),
重要文化財「日本国図(蝦夷)」(東京国立博物館),重要文化財「聖徳太子絵伝」(那珂市上宮寺)など,アイヌの歴史を伝える貴重な絵画資料や歴史資料が紹介されている。

●2014年6月、ホーリーホックの応援に札幌に行った時に北海道大学植物園の「北方民族資料室」や東博の常設展示など僅かな見聞から縄文時代はアイヌ人が多く、原日本人はアイヌでは、と感じているので今回の展覧会は興味深い。

●最近の歴史館の展覧会は予算の面もあるだろうが大規模展が少なく、教育的な常設展示で済ましているように思え、物足りなさを感じていたが巡回展でも良いから今回の様な見応えある展覧会を開催してほしいと思う。
  1. 2017/02/10(金) 23:39:48|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いばらきサッカーフェスティバル@ケーズデンキスタジアム水戸 | ホーム | つくってみよう!インド料理@水戸市国際交流センター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2568-2037c834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する