よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

春日大社展〈千年の至宝〉@東京国立博物館 

春日大社展〈千年の至宝〉@東京国立博物館 
 2017年1月17日 ~ 3月12日


DSCN3986.jpg


世界遺産の一つである奈良・春日大社は、奈良時代の初めに鹿島から武甕槌命が白鹿に乗って御蓋山に降り立ったとされる。
鹿島を地元とする茨城の人間としては良く知っておく必要がある神社だ。
されど、殆どわからないので展覧会を拝観に。

DSCN3990.jpg


御蓋山の中腹の本殿(上空から)

第1章 神鹿の杜

鹿島立ち


鹿島立神影図 南北朝~室町時代・14~15世紀春日大社蔵
武甕槌命が鹿に乗り、春日の地に降臨した様子。
春日大社の草創を物語る作例で、後小松天皇奉納と伝えられる。

再現本殿第二殿の

本殿の第2殿を再現。
御殿の間の壁にある「御間塀」は、昨年の式年造替で撤下されたもの

第2章 平安の正倉院
神々の調度品として奉納された古神宝。
春日大社には平安時代に奉納された本宮御料(ほんぐうごりょう)と若宮御料(わかみやごりょう)が伝わり、「平安の正倉院」とも呼ばれる。

太刀

国宝 金地螺鈿毛抜形太刀 平安時代・12世紀 春日大社蔵
柄(つか)や鍔(つば)などの多くの金具は金無垢に文様を彫り出し、鞘(さや)は金粉を蒔き、螺鈿で雀を追う竹林の猫を表現。まばゆく輝く黄金の太刀。

第3章 春日信仰をめぐる美的世界

草創以降、貴族をはじめとする多くの人々が春日の地に参詣し、祈りを捧げた。神と仏が一体であるとする神仏習合の思想を背景に、仏法を守護する春日の神々への信仰も広がりをみせた。

春日曼荼羅


春日宮曼荼羅 鎌倉時代・13世紀 東京国立博物館蔵
春日大社の社殿を中心に、画面上部に御蓋山、春日山、若草山を配している。聖地・春日野を一望にする礼拝画の大作。


第4章 奉納された武具
春日大社には多くの武具が奉納されている。

赤糸威大鎧


国宝 赤糸威大鎧(梅鶯飾) 鎌倉時代・13世紀春日大社蔵

DSCN3995_20170127191735338.jpg

春日大社の回廊沿いにずらりと並んでいる釣燈籠が23基。
古美術愛好家の憧れだ。

第5章 神々に捧げる芸能
祭礼の際に神前に奉納された舞楽や能など、芸能に関わる作品。

舞楽面


重要文化財 舞楽面 納曽利(ぶがくめん なそり) 平安時代・12世紀 
春日大社蔵

第6章 春日大社の式年造替
春日大社では社殿の建て替えや修繕が約20年に一度行なわれ、平成28年(2016年)の御造替は60回目。

狛犬

獅子・狛犬(第一殿) 鎌倉時代・13世紀 春日大社蔵

●「千年の至宝」のサブタイトルにあるように、平安貴族の美意識を反映した神宝国宝・重文が100件以上展示されている。
この機会に細部まで拝見しておけば、次の機会には理解が深まるように思えた。とは言え度、次回の奈良訪問は何時のことやら。

●春日大社には次の四柱が祀られている。
武甕槌命 - 藤原氏守護神(常陸国鹿島の神)、
経津主命 - 同上(下総国香取の神)、
天児屋根命 - 藤原氏の祖神(河内国平岡の神)、
比売神 - 天児屋根命の妻
  1. 2017/01/27(金) 19:24:31|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<國學院大學博物館@渋谷区東4-10-28 | ホーム | 水戸ホーリーホック2017新体制発表>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2556-58cad5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する