よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

島剛彫刻展@ギャラリー桜林(常陸国出雲大社境内)

島剛彫刻展@ギャラリー桜林(常陸国出雲大社境内)
2016年12月17日~2017年3月5日

DSCN3895.jpg

DSCN3896.jpg


「島剛彫刻展 CORE SAMPLE WORK Inward⇆Outward 地中内視/向き合う視線」

DSCN3908_20170121161319906.jpg


会場は常陸国出雲大社境内の「ギャラリー桜林」は2016年2月に新設された「桜林館」に開設された現代美術のギャラリー。
宗教法人に附属した美術館・ギャラリーが多いのは、教祖や関係者に美術に対する感性・霊性が強い方などが多いのかもしれない。

DSCN3906_20170121161320864.jpg

案内ロボット、Pepper(ペッパー)がお出迎え。

画廊代表の石橋研二郎さんによると「高橋宮司はミヅマアートギャラリー代表三潴 末雄氏と学生からの長い付き合いで、海外旅行などを通して世界の芸術や文化宗教に触れ、“日本文化を世界に誇る文化として発信したい”お互い共感していたことにあると思います」との話。画廊専従者を配置していることから意気ごみの程が分かる。何れは美術館の開設か。


島剛(しま つよし1963~)は木型の内部を炎で焼きコンクリートを流し込んで取り出した「Firework」シリーズ(1987年)に始まり、ブロンズ像によるモニュメント「木霊の壺」(1996年)、陶土に木肌を写し取る手法による大型陶彫「倒木更新」や「切株更新」シリーズ(1998年)などを制作し、2003年から1年間の屋久島研修後は、磁土を熔かしこむ無垢の塊作品「0 point」シリーズ(2012年)を発表するなど様々な素材と対峙し制作している

1996年茨城大学講師として着任以来2000年助教授、2014年から教授として現在に至る。

DSCN3902_20170121161323cf0.jpg

DSCN3901.jpg

DSCN3898.jpg


本展は、2014年から取り組む多色の廃棄ビンを熔解させた無垢のガラス作品の「元型の海」、「泥雲」などに続く「CORE SAMPLE WORK」シリーズ。


作家の住まいの近所、木内酒造の「ネストビール」の廃棄ビンを熔解させた。

DSCN3904.jpg

原料にするガラス瓶の色・溶解温度や冷却時間などにより、多彩な作品が誕生する。

温度や時間の見極めが重要なポイントとなる。

DSCN3899_20170121161416349.jpg

DSCN3900_2017012116141572b.jpg



岩の様な1.、5トンの重量作品も。

素材が変っても地球や自然への畏怖、再生・更新を主題とする世界観と制作態度は変らない。
  1. 2017/01/21(土) 16:27:43|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<稀勢の里が優勝、横綱昇進が確実に | ホーム | 常陸国出雲大社@笠間市福原>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2552-6ac21136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する