よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

利休に見せたいッ!@茨城県陶芸美術館

利休に見せたいッ!@茨城県陶芸美術館
現代の茶陶:1月2日(月)~3月12日(日)


利休に見せたいッ!


きものを着「抹茶を一服」の暮らしを夢見ても、洋風化し畳の部屋が失われ、高齢化で椅子が多くなり、座敷を主とした文化が消滅しそうも致し方ない、のが現実だ。

その様な日常生活の中で「お茶」や「お花」掛け軸」はどうあるべきなのか、或いは、将来はへの疑問と恐れへの答えは見つからない。

DSCN3885_201701201610490a8.jpg

現代において「利休に見せたいッ!現代の茶陶」展

第1章古典陶磁の復興
石黒宗磨・荒川豊蔵・金重陶陽・藤原啓・山本陶秀などの人間国宝の作品は伝統工芸としての完成度。

第2章戦後の茶陶と各地における展開
多くの作家の作品が展示されているが懐かしく印象に残った作家・作品は。
●骨董古美術に造詣の深かった辻清明の信楽の花入れや茶碗が4点。
●没後も絶大の人気の加守田章二の花入れが1点。
何故もう少し出品されなかったのか、茶陶のようなモノは制作しなかったのかもしれないが。

DSCN3911.jpg

●テレビなどでの紹介される機会が多、い十五代楽吉左エ門の「焼貫黒茶碗」。
先日「日曜美術館」で製差烏工程や窯入などを見たばかり。


DSCN1297[1]

2015年9月に守山市の「佐川美術館」を訪ね、池の下の「樂吉左衞門館」は自ら構想し、5年の歳月をかけたと云うだの見事と空間と作品を思い出した。

●岡田裕の「灰被茶碗」は碗成りとした円やかさが良い。
第3章近年の多彩な表現

DSCN3912.jpg

●水元かよこ「うさみみPOP」ウサギの耳まで着いた現代的な茶碗の存在感。象牙かと思えるような地肌にカラフルな彩色。

現代の「茶陶とは」、「お茶に」未来は、を考える展覧会だった。
  1. 2017/01/20(金) 16:14:42|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<常陸国出雲大社@笠間市福原 | ホーム | 五味田充子 ニット展@ギャラリーしえる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2549-1b22814a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する