よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

~画狂老人、北斎の晩年~

~画狂老人、北斎の晩年~

DSCN3800.jpg


NHKのテレビ日曜美術館「果てしなき夢~画狂老人、北斎の晩年~」
2017年1月15日(日) 20時00分~20時45分を見た。

昨年の暮れ「すみだ北斎美術館」を訪ねたのがきっかけで、正月2日は隅田川沿いの葛飾北斎(1760年~1849年)に所縁のある地を巡るなど北斎への関心が高くなった。「日曜美術館」は北斎の晩年を重点に紹介したので面白かった。

住居や号を頻繁に変えた北斎は75歳から“画狂老人卍”の号を使い始めた。
茶も飲まず酒もたしなまず、ひたすら絵を描くことに打ち込んでいたが、道楽の息子が博打で大金を借金し、その為、貧乏であったことや、乱雑な小部屋で、炬燵に入ったまま一日中絵を描いていた。などのエピソードも紹介された。

飯島虚心が著した『葛飾北斎伝』は晩年の北斎の姿をリアルに描き出している。

DSCN3770.jpg

北斎72歳頃からの『富嶽三十六景』

DSCN3774.jpg


天保5年(1834年) 「画狂老人(がきょうろうじん)」「卍(まんじ)」の号を用いる。

DSCN3772.jpg

『富嶽百景』を手がける。

DSCN3792.jpg


信州小布施、上町祭屋台天井絵(桐板着色肉筆画)のうち、『怒涛図』。

DSCN3787.jpg


天保13年(1842年) 秋、初めて、信濃国高井郡小布施の高井鴻山邸を訪ねた。
この時、鴻山は自宅に碧漪軒(へきいけん)を建て、北斎を厚遇した。

天保15年(1844年)に小布施に旅し、嘉永元年(1848年)まで滞在。

DSCN3800.jpg

信州小布施、上町祭屋台天井絵(桐板着色肉筆画)、『怒涛図』『龍図』『鳳凰図』などを描く。

DSCN3794.jpg


『怒涛図』
ダイナミックで86歳とは思えない活力があふれている。

DSCN3805.jpg

DSCN3807.jpg

『鳳凰図』

DSCN3802.jpg

DSCN3804.jpg


『龍図』龍の表情が可愛らしい。


北斎

『富士越龍図』 肉筆画(絹本着色)。
嘉永2年1月(嘉永二己酉年正月辰ノ日。1849年)、
落款は九十老人卍筆。死の3ヶ月ほど前、北斎最晩年の作。
幾何学的山容を見せる白い霊峰・富士の麓を巡り黒雲とともに昇天する龍に自らをなぞらえて、北斎は逝った。

嘉永2年4月18日(1849年5月10日) 江戸・浅草聖天町にある遍照院(浅草寺の子院)境内の仮宅で没する。享年90。
墓所は台東区元浅草の誓教寺。

辞世の句は、
人魂で 行く気散(きさん)じや 夏野原
(その意、「人魂(ひとだま)になって夏の原っぱにでも気晴らしに出かけようか」)。

炬燵背に画狂老人龍となる 阿然

  1. 2017/01/16(月) 16:05:39|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NHK「スタジオパーク」に「清川あさみ」登場。 | ホーム | 『魅惑の南仏料理』はフランス料理本の名著だ。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2544-42a20890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する