よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

新年を寿ぐ@東京国立博物館

新年を寿ぐ@東京国立博物館

DSCN0016.jpg


「青春18切符冬の陣第3弾」は「東博」と隅田川沿いに北斎ゆかりの地を巡る予定。


御徒町で下車し仲御徒町の駐輪場で貸自転車を借りる。
9:30の開館と同時に入館。

DSCN9979.jpg

DSCN0014.jpg

本館前で「初春を祝うイベント」。

DSCN0010.jpg

DSCN0004_20170103150257d52.jpg

国宝 松林図屛風
長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀・本館2室(国宝室)

さまざまな工夫と技法によってあらわされた松林。
霧の晴れ間から柔らかな光が差し込んで、遠く雪山がのぞき、冷たく湿った空気が漂う。
松林という日本の伝統的なモティーフを、中国絵画から学んだ水墨表現によって描き出し、日本の風土の豊かな形象をみごとにあらわしている。

DSCN9983.jpg

臨時全国宝物取調局
明治21年・・・臨時全国宝物取調局が宮内省に設置。
九鬼隆一が責任者となり、 岡倉天心らが中心となり10年間にわたり全国の古社寺を中心に宝物の調査が行われた 。調査を通じ京都、奈良の社寺に特に優れた宝物が多く、かつ破損、散逸の危機にさらにさらされているとし、保存の為の施設の必要性が呼ばれた。 結果、明治22年に東京の図書寮付属博物館を帝国博物館に改める。 明治28年に奈良帝国博物館、明治30年に京都帝国博物館が開館した。
日本における文化財保護・博物館の始まり。

DSCN9988.jpg


紅白芙蓉図 (こうはくふようず)李迪
臨時全国宝物取調局の調査により発見された。
李迪は南宋の孝宗・光宗朝から寧宗朝の前期,すなわち12世紀後半に活躍した宮廷の画院画家で花鳥画をよくした。

写実的で細緻な表現は秀逸であり,南宋院体花鳥画の最優品。
各幅に「慶元丁巳歳李迪画」の落款がある。福岡孝悌旧蔵品。

DSCN9991.jpg


DSCN9997.jpg

『松梅群鶏図屏風』伊藤若冲(1716年-1800年)
鶏を多く描いた若冲の水墨画。


DSCN0010.jpg

西湖春景・銭塘観潮図屏風 池大雅筆 重要文化財江戸時代・18世紀
本館7室(屏風と襖絵)
  1. 2017/01/03(火) 15:07:43|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北斎ゆかりの地を巡る 其の壱 | ホーム | 「博物館で初もうで」@東京国立博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2532-f0aebf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する