よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

後藤清一さんのこと@『鸚鵡貝』創刊号 

後藤清一さんのこと@『鸚鵡貝』創刊号 

DSCN9912.jpg


DSCN9913.jpg



雑文集・『直しや雑記帳』が友人たちの援助で刊行されたのが(よこの会・1987年7月だが、それに先立つ1987年2月に同人誌『鸚鵡貝』創刊号が発刊された。

「日めくり俳句会」の仲間が中心になって「同人誌を作ろう」との話が持ち上がった。ジャンルは決めず好きなように使えるのが1人当たり10頁。
印刷経費の10ページ分を参加者が負担する、と言う取り決め。

表紙のデザインと絵、本文中のカットは画家の福地靖さんが、編集から印刷・刊行まで一切を大曽根克彦さん(当時タウン誌の編集長で、現在はフリーのライター)が無料奉仕でしてくれることになったので、経費の負担がメチャ安で出来ることになった。

小説・俳句・短歌・評伝・評論・絵画・随筆と内容豊富な総合誌で、サブタイトルには「文学と美術の小宇宙誌」と銘打った。

DSCN9914.jpg


DSCN9915.jpg


DSCN9916.jpg


僕は彫刻家の後藤清一(1893-1984)さんの作品と人柄に魅入られていたので、書き残すにはいい機会と思えた。
勿論、作家の評伝を10ページで纏めるのは無理な話しなので、刊行ごとに連載すればと思い評伝「後藤清一さんのこと・其の壱」として書くことが出来た。

同人誌は3号まで、ともいわれる。
どの様な訳か記憶にないが二号には参加することなく、終わってしまった。

この資料を基に取材を重ね『後藤清一・ひとつの象徴と造型』として1990年に刊行できた。
後藤清一さんの生涯と作品を概観できる278頁の本としてまとめることが出来たのは『鸚鵡貝』創刊号のお蔭だ。
  1. 2016/12/27(火) 17:12:58|
  2. 後藤清一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「じゃばら飴」と矢澤 孝樹さん | ホーム | 「どうもの会」最後の晩餐@リバティーヌ・水戸市天王町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2525-5c3d9efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する