よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

チープシック ・サントピア水戸の時代への挽歌 其の19

チープシック
サントピア水戸の時代への挽歌 其の19

チープシック


ファッションビルの中の「寸法直し」的な面もあって開店した「直し屋」だが、「古い物を大切に」「シンプルに生きる」を提案する店にしたいとの願いも有った。
それらを実践する幾つかのキーワード、服(着るもの)・暮らし・豊かさ・美とは、など響を受けた本や著者として、

1浜野安弘

『ファッション化社会』(浜野安宏・1970年)

社会の全てがファッション化していくだろうとの、予想は現実のものに。

『質素革命』 (浜野安宏・1971年)

地球環境と都市文明を調和させ、ライフスタイルの実顕的探求。
ライフスタイル・デザインによる地球との共生、産業構造革命までも視野に。

2水野正夫

『もっと美的に暮らしたい』21世紀ブックス(水野正夫・1977年 主婦と生活社)

服飾の分野にとどまらず、やきものから箸まで、生活全般にわたって日本の良さを紹介。

水野正夫1

『着こなしてますか』(水野正夫・1978年、鎌倉書房)

着るということの合理性を常に考え、服は流行に左右されない本質の部分が大切で、流行の部分を少し加えるという基本を説いている。

チープシック

『チープ・シック』《1977年・カテリーヌ・ミリネア (著), キャロル・トロイ (著), 片岡 義男 (翻訳)》

翻訳書だが、サブタイトルのように「金をかけないでシックに着こなす法」
民族服・軍服・古着など幅広い衣類を対象としている。
図版が多く見易い。外国ではあるがリサイクルショップなどの住所録も。


小さな店だが、単なる「お直し屋」ではなく、生活全般に対して提案する店。
として存在したい。との気持ちは常に持っていた。
  1. 2016/12/16(金) 09:34:13|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<橙・柚・獅子柚子・檸檬 | ホーム | 1984(昭和59)年に「直し屋」を開店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2513-dde207e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する