よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

向ヶ岡と忍ケ丘 @史跡見学会

向ヶ岡と忍ケ丘 @史跡見学会

DSCN9513.jpg


「第24回芸工展参加企画・修復のお仕事展16ワークショップ」10月15日の「加賀藩・富山藩コース史跡見学会」の後半は。
不忍池を挟んで二つの岡が対峙した景観を「向ヶ丘」から辿ってゆく。

《向ヶ岡》水戸藩・駒込邸、加賀藩上屋敷、加賀藩の支藩である富山藩辺り。
《不忍池》(洞庭湖・琵琶湖などに見立てる。)
《忍ケ丘》寛永寺(現在の上野のお山一帯)


旧加賀藩前田邸の懐徳園・育徳園から下り、旧富山藩邸・現在の東大病院に。

DSCN8465.jpg


ベルツの庭石。
ドイツ人の医師・エルヴィン・ベルツ博士(1849-1913)の住居に在った伝えられる庭石。
戊辰戦争の時は、この辺りに官軍が大砲を据え、上野の彰義隊と対峙した。

DSCN8468.jpg

DSCN9514.jpg


更に下って「池之端門」を出ると直ぐに「境神社」
正に「向岡」と「忍岡」の境界。

DSCN8470.jpg


その直ぐ脇が「横山大観記念館」
何時も上野駅方面から訪ねるので分からなかったが、東大病院の真下。
今では大観記念館から不忍池の湖面に映る月を望むべくはないが、建設時は良く見えたことであろう。

DSCN8479.jpg

水月ホテル鷗外荘。
敷地内に明治の文豪・森鷗外の旧居が保存されている。

DSCN8488.jpg


彫刻家・平櫛田中(ひらくしでんちゅう1872〜1979)の旧居兼アトリエ(台東区上野桜木2-20-3)。
「修復のお仕事展‘16」「しまう」の会場。


「しまう」を統一テーマに油絵修復・建造物保存活用・染織品修復・陶磁器修復・東洋書画修復・文化財保存支援など14の団体・個人の展示。

分野ごとに「なるほど」と感じる展示が沢山あった。

今回の「史跡見学会」を主宰して戴いた原祐一さんも「埋蔵文化財公開・活用」 を展示されていたのを拝見。

今回の見学会はここで解散。

見学会


原さんのFBによるこの日のルートマップ。

DSCN8495.jpg

散会後、忍ケ岡からの眺めを確認。
清水観音堂の下から「弁天堂」更には「向ヶ丘」を望む。
大きなクレーンなどは建設中の東大病院。

東京国立博物館は金曜日なので夜間も開館。
本館前の庭では「野外上映会」が開催されていた。

DSCN8527.jpg

清水観音堂の上に秋の月が。
「向ヶ丘」から不忍池に映る月影を愛でたことだろう。

今回は説明を聞きながら歩いたので理解がより深まったが、建築物がやたら増殖し、想像にたよる部分がかなり必要であった。

原先生、有り難う御座いました。

  1. 2016/12/06(火) 16:51:59|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高松恵子 ファイバーアート展 @常陽史料館 | ホーム | ライブルーム・コルテス@水戸市けやき台3丁目28番5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2507-45232ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する