よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鈴木 誉志男 コーヒー教室@サザコーヒー芸術館店

鈴木 誉志男 コーヒー教室@サザコーヒー芸術館店
11月24日11:00~12:30


DSCN9313.jpg


ひたちなか市が本社の「サザコーヒー」は水戸市内にも4店舗、二子玉川やJR品川駅や大宮駅にも出店するなど、今や全国的に知られたコーヒー店。

パナマ産の「ゲイシャコーヒー」は世界的な評価を得ているが、国際オークションに毎年参加し、7年連続して落札するなど国際的な評価も高い。

さらに、ブラジルにはコーヒー園も所有している。

DSCN9315.jpg


サザコーヒー会長の鈴木 誉志男さんはコーヒー文化の普及のために各地でコーヒー教室を開催しているが、今日(11月24日)サザコーヒー水戸芸術館店でコーヒー教室が開催された。


●五浦の旧天心邸での「珈琲茶会」


2016年9月3日・4日の両日、茨城大学主催の「岡倉天心シンポジュウム2016」の関連で天心邸旧居での「珈琲茶会」の話。


「茶の本」を著した天心だが、日米を何度も往復しアメリカ生活をしたからコーヒーも飲んだはず、その証拠が友人にコーヒーミルを送ったとする手紙。

DSCN9327.jpg


DSCN9328.jpg

江戸千家家元が所有するその手紙の軸を掛けた「珈琲茶会」、主客は川上宗雪家元。
器などは紀元前100年のインカ製などを使用した。

鈴木さんは世界中のコーヒ産地をめぐり、その都度、土地の生地や民具等を購入している。

写真は季刊『珈琲と文化』103号よりの複写ですから、ボケてます。


「五浦コヒー」


DSCN9309.jpg


茨城大学とサザコーヒーとのコラボにより誕生した「五浦コヒ―」。
ボストン茶箱事件の影響から、アメリカは紅茶より珈琲を飲む国に変化。

1900年当時のアメリカの輸入量から推測したブラジル80%、コロンビア20㌫。の配合で浅煎り。
「コーヒー」でなく「コヒー」は当時の呼び名。

DSCN9323.jpg

*この商品を参加者全員がお土産として戴いた。


伝説の「ルワックコーヒー」


DSCN9318.jpg


高級珍品のルワックコーヒーは幻の珍獣ルワックがコーヒーの果実を食べ排泄物の生豆は麝香の香りに包まれる。
其の伝説のコーヒーを試飲。
通常100gで10000円、1杯が約10グラムとして1,000円見当になる。


DSCN9321.jpg

同様に、カカオ豆からルワックが作ったチョコレート。
500円玉くらいの大きさの板チョコを、半分づつ味わいながら。

サザコーヒー本店のケーキ各種。
お好きな品を1つ、も嬉しかった。

DSCN9307.jpg

僕は上段右端のレモンケーキを。

愉しいお話しと、珍ししいコーヒーやチョコレート。
更には、お土産まで。会費の2000円以上のおもてなしでした。

DSCN9306.jpg


水戸では11月の初雪は30年ぶりとか。
雪見酒ならぬ雪見の珈琲の集い、有り難う御座いました。

  1. 2016/11/24(木) 18:47:19|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岩谷寺 @ 笠間市来栖2696 | ホーム | 思わぬところで紅葉狩り@笠間市下市毛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2493-5e03446f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する