よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「KENPOKU ART 2016」 備忘録・其の壱

「KENPOKU ART 2016」 備忘録・其の壱

DSCN8641.jpg


2016年9月17日から11月20日までの65日間、 茨城県北部の6市町を舞台に展開した芸術祭は65日間にわたり75万人以上の来場者が有ったという。
初めての試みとして大成功といえるだろう。

茨城県内と云へど、広範囲で全てのエリアに出掛ける機会は少ない。
水戸の住人だから県の北部は馴染があるにしても、今回が初めての場所も多かった。
日頃は行く機会が少ない、海岸線や山間部を訪ね雄大な自然に触れる機会で
作品鑑賞を含め、未知なる場所を訪れた楽しみは大きかった。

何度もと思いつつ2度しか行けず、多くのエリアや作品を観ることが叶わなかった。一部は掲載したが、観た幾つかを2回に分けて留めておく。
バージョンアップして来年、或いは再来年に開催されることを期待している。

DSCN8642.jpg

ダニエル・ビュレン
回廊の中で:この場所のための4つの虹 ー KENPOKU ART 2016のために

建築家・妹島和世がデザイン監修した日立駅舎のガラスの通路の全長300メートルを虹色のカッティングシートで覆いつくした。
色とりどりの透明のシートに包まれた空間は、会期後も、このままおいておきたい感じがした。

DSCN8656.jpg

AKI INOMATA
やどかりに「やど」をわたしてみる ーBorderー

DSCN8658.jpg


マンハッタンなど世界の都市の形を載せた新しい殻を3Dプリンタで出力し、ヤドカリがそこに引っ越す様子を観察する。
小さな殻から大きな殻に、数年をかけて観察した。
ヤドカリの寿命は20年位在るらしいから、長期戦だ。

DSCN8665.jpg


会場の「うのしまヴィラ」は海辺に面している。
プライベートビーチと言う感じで、宿泊も出来る

DSCN8653.jpg


DSCN8671.jpg


日頃は行く機会が少ない、海岸線や山間部を訪ね雄大な自然に触れる機会だった。

DSCN8686.jpg


國安孝昌
朝日立つ浜の産土神の御座(あさひたつはまのうぶすながみのみざ)
小貝ヶ浜緑地。

DSCN8694.jpg

DSCN8691.jpg


水成岩の崖の上、太平洋を一望する赤松・黒松の大木の中。
人工物でありながら。林に溶け込み違和感がない。
今回の展覧会は自然と一体化した作品に共感を覚えた、
  1. 2016/11/22(火) 18:52:20|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「KENPOKU ART 2016」 備忘録・其の弐 | ホーム | 「Johnnyさん」と「Dannyさん」@「TIKI BAR TOKYO」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2488-4cc21cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する